ダイエット効果がある7つのツボ

シェアする

最近の記事

東洋医学では気の流れが滞ると病気になると考えられています。

私たちのカラダの中には気・血・水という元気に生きるための3大要素が巡って流れています。

この3つの流れが整っていると栄養や酸素、エネルギーなど気力に必要なものが全身に行き渡り充実するため元気でいられるのです。

ツボは気の流れる道「経絡(けいらく)」の上にあり気の出入り口で気・血・水が滞りやすい場所なのです。

今回はダイエットに効果があるツボについてのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツボとダイエット

ツボを温めたり刺激したりすることで気・血・水の流れを正常に戻し体調を正しく整えるというのがツボ治療となります。

そのツボを温めたり、刺激してダイエットにも効果があるものをご紹介していきます。

ツボを見つける5つのポイント

それぞれのツボの位置は、人によって微妙に違ったりします。

また、日によっても変化したりしますので多くの人に効き目のある定番のツボに次のチェックポイント5つで自分のツボを見つけてみてください。

これらの反応のある場所が目指すツボになります。

1 押すと痛い

2 押すと気持ちいい

3 ツボの部分の肌に凹凸がある

4 色素が沈着してくすんで見える

5 温かいまたは冷たい

デトックス効果(毒出し)

様々な経路を通して体内に蓄積された老廃物や毒素をカラダの外に排出する効果があります。

デトックスで体を浄化することは、代謝アップやカラダのサイクルを正常化するためダイエットには最適な方法です。

・腎兪(じんゆ)

腎臓の働きを良くするツボです。

背骨の脇、第二、第三腰椎の間から指2本分外側にあります。

腎兪

・膀胱兪(ぼうこうゆ)

膀胱の働きを良くするツボです。

背骨をまっすぐに下ろした線から指2本分外側にあります。

第二後仙骨孔の高さと交わる部分にあります。

膀胱兪

・大巨(だいこ)

腸の働きを良くして便がスムーズに出るようになるツボです。

天枢(おへそから指3本分左右横にあるツボ)から真下に指3本分下がったところにあります。

大巨

・豊隆(ほうりゅう)

水分、脂分の代謝を促進することでデットクス効果を引き出します。

膝のお皿の外側の縁と、外くるぶしの真ん中を結んだ線の中央、やや外よりの部分です。

豊隆

代謝を上げる効果

血行を良くして代謝機能を正常に戻し、エネルギーを燃焼しやすい体質に改善する効果があります。代謝を上げることは、ダイエットにおいてまず何よりの近道もしくは成功法といえます。

・血界(けっかい)

膝のお皿の内側脇から指4本分上にあります。

両手で太ももをつかむようにして両親指の腹を重ね強めに押します。

血界

・陰陵泉(いんりょうせん)

膝を立て、スネの骨の内側の縁を指で下から上へなぞり上げた時、自然に止まるくぼみにあります。

膝の内側斜め下に小さな丸い骨の真下のくぼみがそうです。

陰陵泉

・中封(ちゅうほう)

中くるぶしの前方・下の脇にあるくぼみです。

中封

・豊隆(ほうりゅう)

水分、脂分の代謝を促進します。

膝のお皿の外側の縁と、外くるぶしの真ん中を結んだ線の中央、やや外よりの部分です。

豊隆

まとめ

ツボ圧しやすいところと圧しにくいところがあります。

人に圧してもらったり、圧してあげたりすることでコミュニケーションにもなりますので是非そのツールとしても使ってみてください。

また、ツボの種類によっては圧した方が効果があったり、温めた方が効果があったりします。

今回は圧して刺激を与えることで効果を発揮するものをご紹介しました。

少しわかりにくいところにあるかもしれませんが、自分で触っていくと「あっ!ここかな?」というところが見つかりますので初めは難しいかもしれませんが、頑張って「ここだ!」という場所を探してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク