酢しょうがで-10才の血管年齢でアンチエイジング効果

シェアする

最近の記事

健康診断の季節になり、気になるのは体重と腹囲と血液検査ではないでしょうか?

体重や腹囲に関するダイエット法はこのブログでもたくさんご紹介してきました。

しかし生活習慣の乱れで血液検査も気になる。

毎年中性脂肪やLDLコレステロールが高い。

お酒の飲み過ぎでγ-GTPが高い!

そんなお悩みを一気に解決できるかもしれない方法があるんです。

今回は血液を若返らせる酢しょうがのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

血液もダイエットもまずは腸内環境から

まずダイエットや血液に共通して改善しなくてはいけないもの、それは腸内環境です。

腸内環境の乱れは肌荒れや代謝の低下、免疫力の低下によるさまざまな疾患のリスクが高まります。

そのリスクを回避するためには腸内環境を整えることが重要になってきます。

ではどうしたら腸内環境を正常にすることができるのでしょうか?

腸内環境を正常にするにはなにが必要?

腸内環境を整えると聞いてまずぱっと思いつくのがビフィズス菌などの乳酸菌だと思います。

確かに乳酸菌を増やすことで悪玉コレステロールは減り、善玉コレステロールが増え腸内を快適な状態にすることができます。

しかし、乳酸菌にも実はエサが必要なのです。

いくら乳酸菌を送り込んでもエサが無ければ増え続けることができず、いくらヨーグルトなどの乳酸菌食品を食べてもなかなか腸内環境が改善されないという事態になります。

そこで乳酸菌のエサである食物繊維が必要になってくるのです。

食物繊維と聞くとこちらも腸内環境の改善にはメジャーな栄養素ですので、納得だと思いますがそれが乳酸菌のエサになっているということを知っている人は多くは無かったかもしれませんね。

腸内環境を正常にするためのキーワードは「乳酸菌」と「食物繊維」です。

2種類ある食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

水溶性食物繊維

水に溶けやすい食物繊維で果物や野菜に多く含まれるペクチンや海草類に多く含まれるアルギン酸などがあります。

糖質の消化や吸収を緩やかにするため血糖値の急上昇を防ぎ、コレステロールなどの余分な脂を吸着して体外に排出するなどの効果があり、また腸内を保護して善玉菌を増やす効果もあります。

不溶性食物繊維

腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで便通を促進します。

またカラダに有害なダイオキシンなどの物質を排泄するデトックス効果もあるので腸内環境を整えるのに必要な栄養素です。

水溶性1:不溶性2の割合で摂ることが腸内環境のバランスと取ることになり、それがカラダ全体の改善につながります。

そのためサラダや海藻類、キノコなどを多く取るようにして腸内環境を整えて行きましょう。

サラダにかけるドレッシングを工夫して効果倍増!

やっと本題にたどり着きました。

食物繊維を摂ると腸内環境が改善してさまざまなメリットがあるとお話しました。

さらにその食物繊維として摂るサラダのドレッシングに工夫することで腸内環境+血液改善のおまけがついてくるのです。

そのドレッシングとは、酢しょうがドレッシングなのです。

この酢しょうがドレッシングをかけるだけでなんと血管年齢が-10才は若返ります。

その作り方をまずご紹介いたします。

酢しょうがドレッシング

材料

・しょうが  100g

・酢                100ml

・はちみつ       20g

作り方

生姜を刻んで、酢100mlとはちみつ20gと混ぜるだけ

以上です。

これで血管年齢-10才若返り酢しょうがの出来上がりです。

これをサラダにかけるだけ!

凄く簡単でしょう!

信じられないという方にその個別の効果についてお話します。

病気の予防に効く生姜

生姜の独特の香りや風味には「オレオレジン」という成分があります。

この中には、殺菌作用や抗酸化作用のある「ショウガオール」や「ジンゲロール」という成分が含まれています。

これらは代謝を上げて血液をサラサラにしたり、免疫力を上げることでダイエットや健康はたまた美容にも効果があります。

また、よく知られているのがカラダを温める効果です。

これにより代謝がよくなり血流改善によって冷え性改善やダイエットにも効果抜群です。

メタボ対策にはお酢です

お酢を摂ると成分が体内でクエン酸に変化します。

クエン酸は疲労した筋肉を回復する作用があり、肩こりなどにも効果があるといわれています。

また、疲れると体が酸性に傾きます。

しかしお酢を摂ると疲労の原因である酸性物質の乳酸を減らす働きがあるため、カラダを正常な弱アルカリ性い保つ働きがあるのです。

またお酢の中の酢酸が脂肪を減らしたり、お酢に含まれるアミノ酸が脂質の燃焼を促進するなどダイエットには必要なアイテムなのです。

さらに、血糖値の上昇を抑えたり便通の改善にもと多岐にわたって効果を得られるのです。

そして、さきほどもでてきたクエン酸には活性酸素を除去する働きがあるためアンチエイジングにも効果を発揮します。

特にビタミンB群と一緒に摂ると効果倍増です。

良質なビタミンやミネラルが豊富なハチミツ

ハチミツに含有されているビタミン類にはビタミンB1・B2・B6・葉酸・ニコチン酸・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンK・ビオチンなどがあります。

ミネラル類にはカリウム・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・銅・マンガンなどが含有されています。

こんなにもたくさんの栄養素の効果は絶大で疲労回復や高血圧の予防、整腸作用などがありビタミン剤を摂るよりも遥かに効果があると言われています。

特にハチミツの持つ殺菌作用や抗酸化作用は強く美容やアンチエイジングには必須のアイテムといっても過言ではありません。

詳しくは以前のブログ

そうなの?美容やダイエット効果もあるハチミツの秘密 前編

そうなの?美容やダイエット効果もあるハチミツの秘密 後編

をご覧ください。

まとめ

この最強アイテムの3つが合わさった酢しょうがが効果がないわけがありません。

以前テレビでもこの酢しょうがが紹介されて話題にもなりました。

あの小堺一機さんはこの酢しょうがを10日食べて血管年齢-17歳と驚くべき結果が出ました。

血液改善にはこの酢しょうが試してみる価値は十二分にあると思いますのでぜひお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク