ユーグレナにスムージーなどダイエット成功のカギとなる食事とは?

シェアする

最近の記事

朝起きてヨーグルトとユーグレナの朝食。

お昼は野菜とお肉をバランス良く。

といってもやっぱりお肉中心になってしまいますけど

夜はお腹八分目までの食事で野菜とキノコたっぷりの味噌汁とお肉を摂ります。

そして全体的に炭水化物は抜きにして、糖質制限の食事を心がけています。

これが私の今のケトジェニックダイエット実験内容です。

体重も順調に落ちています。

しかし、もう少し何か他の食事もいろいろ試してみたい!

そんな、ケトジェニックダイエット時の食事法をいろいろ考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケトジェニックダイエットとは?

通常わたしたちの体は糖をエネルギー源とするため、不足すると脳が糖を欲するように信号を送ります。

それが空腹感です。

さらに、糖を摂ると脳が快楽を感じるため、またその快楽を感じるためさらに糖を欲します。

これが甘いもを欲する理由です。

しかし、糖質を制限することで糖切れを起こし私たちの体は糖エネルギーではなく中性脂肪を分解してエネルギーに変えるケトン体エネルギーという糖エネルギーに変わるものを生成するようになります。

この仕組みを利用するのがケトジェニックダイエットなのです。

ケトジェニックダイエットは難しい?

一見糖を制限するだけなんて簡単だと思うでしょうが、これが意外にムズカしい方法なのです。

なにせ糖がダメということは炭水化物である米・パン・麺類などがNGになります。

さらにドレッシングやケチャップなどの類もNG

フルーツや芋類もほとんどがNG

よくよく考えてみると野菜と肉しか残らないのでは?

という結論に辿り着きました。

おっと待ってください。

野菜もいくつかNGのものがありました。

芋類やかぼちゃ、れんこんに人参、ゴボウそして玉ねぎなどはNGのようです。

逆に大丈夫のやつを探した方が早そうですね。

食事のチョイスからかなり手間取ってしまいます。

食べても大丈夫な糖質の少ないもの

朗報です。

お肉は豚肉、牛肉、鶏肉など肉類は問題なさそうです。

あと魚介類も大丈夫みたいですので、少しは希望が見えてきましたね。

あとは卵や葉物野菜は問題なさそうです。

アボガドや豆腐類は大丈夫なのでちょっとしたデザートの代わりにいいかもしれません。

これらを中心に献立を組み立ていくと成功の秘訣になるかもしれませんね。

栄養バランスにも気をつける

ケトジェニック回路をONにするためには、糖質制限だけではいけません。

タンパク質・食物繊維・ミネラルこの三つを普段以上に摂ることが条件になってきます。

しかしそうなるとさらに難易度が上がってしまって、何を摂ったらいいのかわからなくなってきます。

この三つが不足すると体調不良やお肌の荒れなどの原因になってしまいますので、それだけは避けたいものです。

栄養バランスの問題を改善したいならこれ!

私も現在飲んでいます。

ユーグレナ(ミドリムシ)がオススメです。

59種類もの栄養素が含まれているため、1日に必要な栄養素のほとんどを補ってくれます。

さらに腸の不要な脂肪分をユーグレナ(ミドリムシ)だけに存在する希少成分パラミロンが体外へ排出してくれるので腸内環境を乱すことがないのでたくさん食べたお肉もこれがあれば安心です。

最強ユーグレナの4つの効果で−10kg健康ダイエット

ミドリムシが世界を救う ユーグレナの軌跡

グリーンスムージーという方法もオススメ!

私の作るグリーンスムージはほうれん草や水菜に小松菜などの葉物野菜をミキサーにかけるだけという簡単な方法です。

これで食物繊維やミネラルを豊富に摂ることができます。

しかし青臭さがあるため少し抵抗があるかもしれません。

ということで私は、これらにアボガドや無糖のアサイーパウダーなどを自分好みの味にして飲んでいます。

隠し味にしそを使ってみたりしてもいます。

しそはβカロテンがトップクラスに高く、ミネラルやビタミン類も豊富です。

さらに防腐効果や殺菌作用もあるため健康にはオススメの食材です。

強い味方!それがキノコ

なんといってもこれですね。

食物繊維が豊富で、ミネラルも豊富!

しかもカロリーが低くいのに栄養価が高い!

いくら食べてもいい上、美容にもとてもいいキノコはこのケトジェニックダイエットには必須のような気がします。

しかも美味しい!

エリンギやシイタケなどは焼いて、お塩を振るだけで美味しいのですから助かります。

味噌汁やお鍋に入れてもいいので調理方法がたくさんあって重宝しています。

これで必要な3つの栄養素の内2つをクリアできます。

これで大好きなお肉を食べもOK

あとは大好きなお肉でタンパク質を摂れば、このケトジェニックダイエットを続けることができます。

特にカロリーの少ない鶏肉がオススメではありますが、好きなお肉を食べても大丈夫ですよ!

ただし食べ過ぎはその分、食物繊維をたくさん摂らなくてはいけなくなるため、野菜をたくさん食べなくてはいけませんので大変ですよ!

ほどほどの食事をされてください。

お肉が苦手な人は豆乳がオススメ

タンパク質を摂らなくてはいけないのにお肉が苦手という方もいるかと思います。

そんな方は豆乳がオススメです。

特に豆乳は女性にオススメしたいです。

詳しくは→女性に大豆イソフラボンが効果的な10の理由

調整豆乳は糖分が含まれているため無調整豆乳を選ぶようにしてください。

私は大豆丸ごと豆乳というのを飲んでいます。

通常はおからと分けて豆乳を作りますが、大豆丸ごと豆乳はそのまま丸ごとのため食物繊維なども豊富に含んでいます。

通常の豆乳よりもずっしりとした重厚感がありますので腹持ちもよく、ダイエット時はオススメの豆乳となっています。

また、大豆イソフラボンにはエストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする成分を含んでいるため、女性の更年期や美しさや若々しさなどを守る手助けをしてくれます。

まとめ

糖質制限は期限を決めて行ってください。

2週間〜1ヶ月ほどを目安に行っていただくとある程度、目標体重まで達成できるかと思いますのでその後は通常のバランスの良い食事に戻してください。

あくまで体重を健康を保ちながら効果的に痩せる方法ですので、必要がなくなれば健康のために炭水化物など摂りすぎない程度に摂っていただくのが一番健康に生きる秘訣となります。

糖質制限はどうしてもストレスを感じやすい方法なので、無理を続けるとかえってマイナスの効果を生む可能性がありますのでご注意を!

しかし、目標体重まで最短距離で行けることは間違いないので一時的な我慢で自分の精神も鍛えるつもりで取り組んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク