私が体験した4日で体重-3kgのケトジェニックダイエット

シェアする

最近の記事

痩せたいのに痩せられない。

そんな葛藤の中、さまざまなダイエットをはじめたり止めたりを繰り返していませんか?

どうしても続かなくて止めてしまうけど、やっぱり痩せてきれいになりたくて新たなダイエットを始める。

そんなルーティンを繰り返してしまう現状を打開する可能性のあるケトジェニックダイエットの体験報告についてのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケトジェニックダイエットとは?

ケトジェニックダイエットとは食べても痩せて健康になるダイエット方法です。

食事制限でのダイエットにはどうしてもデメリットがあります。

それは、糖エネルギーが足りなくなると筋肉を分解して糖エネルギーにしてしまうため筋肉量が減ってしまうので体脂肪は変わりません。

しかも筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝が落ちて痩せにくいまたは太りやすいカラダになってしまいます。

逆に痩せやすく太りにくいカラダには筋肉トレーニングによって筋肉量を増やすことで、何もしなくてもエネルギーを消費するカラダにすることが可能です。

しかし、ケトジェニックダイエットでは食事量を減らすというよりも糖質に関して徹底的に制限することで糖エネルギーを消費するカラダではなく、中性脂肪からケトン体エネルギーと脂肪酸エネルギーを作り消費する回路に切り替わるため痩せやすくなります。

しかし、そのための条件が結構きびしいのです。

やってみてわかったケトジェニックの難しさ

まずケトジェニックダイエットを行なう上で必要な条件が2つあります。

まず一つ目は

1 糖質を一食につき0~20g以内にする。

これが一番むずかしいです。

まず炭水化物全般がNGなため、ほとんどの主食が摂れません。

家で食事する場合はいいですが、外食で炭水化物を摂らないというのはかなりきびしい条件になってきます。

そんな店を探す方が難しいので必然的におかずのみ、またはお弁当など自己管理できる人でないとなかなか厳しいかもしれません。

さらに、フルーツはもちろん野菜にも糖質が多く含まれているものもあるため一食20g以内はなかなかハードルが高くどの野菜にどれだけ糖質があるかという知識が必要になってきます。

2 タンパク質・食物繊維・ミネラルを通常より多く摂る

目安としては

・タンパク質一日体重1kgあたり1.2~1.6g(2.0g以上はNG)

・食物繊維一日20g以上

・ミネラル(カリウム3.5g、カルシウム650mg、マグネシウム350mg)

が必要になります。

体重55kgならばタンパク質66~88g必要になります。

だいたいお肉で一日360g~440gなのでお肉が好きな人はそう難しくはありませんが、上限を考えて食べないと摂り過ぎになってしまいます。

また、食物繊維もだいたい400g必要になりますがこれは結構な量のため頑張って食べる必要があります。(しかもドレッシングは糖質が入っているためNG)

ミネラルも摂らなくてはいけないのでますます外食では摂るのが難しくなります。

どうすればケトジェニックが可能か?

この2つの条件をクリアーするためにはどうすればよいか、もっと手軽で簡単な方法はないかを実践して考えてみました。

糖質を制限するとどうしても食べられるものが偏ってしまうためうまくバランスの摂れる方法はないのか?

そこで私がたどり着いたのがユーグレナ(ミドリムシ)でした。

詳しくは

その1ズボラな私が健康を維持するため試した4つのこと

その2最強ユーグレナの4つの効果で-10kg健康ダイエット

その3ミドリムシが世界を救う ユーグレナの奇跡

ユーグレナ(ミドリムシ)には59種類もの栄養素が含まれているため1日に必要な栄養素のほとんどを補うことができます。(もちろん糖質0)

しかも、パラミロンというユーグレナ(ミドリムシ)にのみ存在する成分は食物繊維と同じような働きをするため、あとはお肉もしくは豆乳などでタンパク質を補えばタンパク質・食物繊維・ミネラルを通常より多く摂るはほとんどクリアーになります。

あとは糖質を摂らないように気をつければほとんどの条件をクリアーにできます。

どうしても糖質を摂ってしまう時は有酸素運動を食べた直前・直後にすれば、食事で得た糖質から先にエネルギーに変えてしまうので消費してしまえば体内には残らないため条件をクリアーすることができます。

(有酸素運動では糖質エネルギー消費まで少し時間がかかります。)

私のケトジェニックダイエット体験レポ

最初の2日は空腹でつらく脳に栄養が届いていないためかぼーっとなったり、軽い頭痛というか頭が重い感じがありました。

肉や野菜は摂っていましたがやはり糖質エネルギーが枯渇してくると脳が空腹感の信号を送るため、常にお腹がすいているような状態でした。

3日目に入り朝からまったく空腹感はなくなり、頭もいつものスッキリした状態に戻りました。

通常通り朝ヨーグルトユーグレナ(ミドリムシ)を摂り、お昼はお店でチキンカツとキャベツとみそ汁のみでご飯は食べないという食事。

夜は軽く食事を摂る(野菜と肉中心で糖質は0)という内容でした。

この時期から通常の日常と食事の内容が違うだけで、なんら変わりはなく空腹感もいつもと同じように朝・昼・晩の食事前に少しある程度といった具合でした。

そう日常となにも変わらない生活に戻ったのになんと体重だけは変わっていました

4日目には-3kgになっていたのです。

気づけばお腹周りも少しすっきりした感じで、この調子で行けば目標体重まで短い時間でいけると思いさらに運動を組み込んでさらなる効果アップを測っていきたい思います。

とりあえずあと一週間つづけて結果をご報告させていただきます。

注意

糖質切れは無理をすると低血圧や低血糖などを起こしてめまいやふらついたり、倒れたりする危険があります。

必ず無理はせず、少しずつならしていくことでも効果は得られますので決して無茶なダイエットだけはしないでください。

ここではただのダイエットをご紹介している訳ではなく健康ダイエットをご紹介していますので健康にも気をつけていただきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク