食べても痩せる1週間で−5kgのケトジェニックダイエット

シェアする

最近の記事

春の健康診断シーズンになり体重やお腹周り、血液など気になってきてる方もいるのではないでしょうか?

最後の悪あがきをする方もいれば、いまさらジタバタしてももうどうにもならないとあきらめている人もいるかと思いますが、まだ大丈夫です。

1週間で-5kgも不可能ではありません。

安心してください!間に合いますよ!

今回は1週間で-5kg痩せるためのケトジェニックダイエットのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今までのダイエットの方法

通常ダイエットと聞けば思い浮かぶのがカロリーをカットするダイエットで、食事を制限して摂取カロリーを減らす事で体重を減らす方法がいままでは主流でした。

しかし食事制限した場合、カラダは糖分によるエネルギーを得ることができず筋肉を分解してアミノ酸などを原料に糖エネルギーを作り出し、脳やカラダのエネルギーとして使用します。

そのため筋肉量が減ってしまい基礎代謝が低下して痩せにくいカラダになってしまうというデメリットがあるため運動を併用しないとどんどん筋肉量が減ってしまいなかなか痩せないカラダになってしまうという負のスパイラルに落ち入ってしまいます。

ケトジェニックダイエットとは?

糖エネルギーは脳やカラダの活動に必要なエネルギーと考えられてきました。

しかし糖はエネルギーとして使われる分にはいいのですが、余分な糖は中性脂肪として貯蔵されてしまうため肥満の原因になってしまいます。

しかし近年、糖を完全にカットすることで貯蔵されているグリコーゲンが糖質切れになってしまうと中性脂肪を分解してケトン体というのを作り出します。

それにより中性脂肪から脂肪酸エネルギーとケトン体エネルギーを作り出し糖エネルギーの変わりとして使用されるため生命活動に支障無く、しかも中性脂肪を分解してエネルギーとして使用するためダイエットとしては最高の食事療法とも言えるダイエット方法なのです。

しかも、糖質を摂らなければ食事は普通に食べてOKなのです。

ケトジェニックダイエットはどうやってやるの?

3つの原則を守ることでケトジェニック回路に切り替わりケトン体が生成されるようになります。

その3つの原則とは次のようになります。

①糖質を0または一食糖質20グラム以下にする。

糖質を摂らないことで糖質切れを起こすので、ケトン体を生成するケトジェニック回路に移行します。

糖質をまったく摂らないができないという人は一食中の糖質を20g以下にすることでもケトン体を生成しやすくなるのでケトジェニック回路にすることができます。

ただ注意しないといけないのは、ケトジェニック回路がONになっている時に糖を摂ってしまうとOFFになってしまい、また糖エネルギーに切り替わってしまうため糖を摂らないように食べ物に糖が含まれていないかの知識が必要になってきます。

②タンパク質・食物繊維・ミネラルを通常より多く摂る。

糖質を制限するだけではケトジェニック回路がONになりにくく肉や魚、大豆などのタンパク質を摂取して、食物繊維も肉や魚と同等もしくはそれ以上摂取しなくてはなりません。

さらに、ミネラルであるカリウム・カルシウム・マグネシウムも通常より多く摂取することでケトジェニック回路がONになる条件となってきます。

ちなみに摂取量の目安として

・タンパク質=1日に体重1kgあたり 1.2~1.6g 必要 (注意:体重1kgあたり2.0gを超えないようにする)

・食物繊維=1日20g以上 必要

・ミネラル=1日にカリウム3.5g、カルシウム650mg、マグネシウム350mg 必要です。

③軽く運動する

ケトジェニック回路がONの時は筋肉を分解して糖エネルギーとして使わないケトン体エネルギーのため筋肉を減らすことなくダイエットできます。

有酸素運動は糖質を使ってエネルギーとして使用するため効率よく糖質を消費することできるためケトジェニック回路がONにしやすくなります。

さらに、無酸素運動で筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げることができるため、さらに効率よくダイエットすることができます。

誰でもケトジェニック回路にできる?

基本的には誰でも3つの原則を行なえばケトジェニック回路をONにできますが、体質的になりにくい方もいるようです。

ケトジェニックダイエットで下痢・便秘・お腹のハリ・放屁がよくでるなどの症状がある場合はあまり合わないようですので食事を見直すか、医師の判断が必要になります。

また、腎臓や肝臓に不安がある方はこのダイエット法は向かないため辞めておくか医師の診察が必要になりますので自己診断では行なわないようにしてください。

ケトジェニックダイエットのNG集

ケトジェニック回路ONの時に糖質を摂ってしまうとOFFになってしまいます。

ですから、糖質を摂らないよう気をつけなければいけません。

しかし、近年の野菜やくだものには美味しくするため糖度を上げているものがあるため摂る時には糖質が含まれていないかの確認が必要です。

食物繊維を摂る事が必要になりますが、にんじん・じゃがいも・ごほう・れんこん・かぼちゃなど糖質が多く含まれているものはNGなので気をつけてください。

せっかくのケトジェニック回路ONがOFFになってしまいます。

また、炭水化物は糖質なので当然NGになります。

また、牛乳にも糖が含まれているので豆乳に変えることをオススメします。

ヨーグルトも生乳のため同様になります。

ケトジェニック回路ONかOFFがわかる?

ケトジェニック回路がONのときはケトン体が生成されているため、血中ケトン体もしくは尿中ケトン体を調べることで知る事ができます。

血液検査には手間もお金もかかるため、尿ウロペーパー(試験紙)を尿につけることで誰でも簡単に濃度を知る事ができ薬局などでも手に入るのでお手軽です。

毎日検査してみて、変化をみてみるとケトジェニック回路がONになっている状態かを誰でも簡単に知る事ができますので知りたい方は試してみてください。

まとめ

春の薄着シーズンもまじかに迫り、冬場に体重を増やしてしまったという方の簡単で食事も摂っていいダイエット方法。

糖質制限とタンパク質・食物繊維・ミネラルの摂取に軽い運動とこの3つを守れば1週間で-5kgも難しくありません。

ケトジェニック回路をONにして痩せやすいカラダにして短い期間でダイエットを成功させてみましょう!

ケトジェニック回路ONではスーパーマリオのスターで無敵状態のようなものです。

つまり食べても痩せることができるという無敵な状態なのです。

しかし糖質を摂ってしまうとその無敵状態は終わってしまうので、目標体重になるまでは糖質を我慢することで最短距離で理想のカラダに近づくことができるのでそこまではがんばってみてください。

安心して下さい!痩せますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク