体幹リセットするための4つのチェック

シェアする

最近の記事

まずはカラダの状態を把握するために

腰・脚・脇腹・股関節を柔軟体操でどのくらいの柔軟度があるのか

知るをテーマにカラダをチェックします。

柔軟性チェック1 腰

ヒザを伸ばしたまま前屈し床に手をつくことができるかのチェック

その際、ゆっくり息を吐きながら上体を倒していきます。

強い痛みを感じない程度まで曲げ、自分の腰の柔軟性を確認します。

痛める可能性もあるので無理はしないよう気をつけてください。

床に手がつけばまずまずの柔軟性です。

手がつかない場合は腰の柔軟性を高めていくことが今後の課題になっていきます。

柔軟性チェック2 脚

脚を伸ばした状態で座位し、上体を倒し足先を手でつかめるかのチェック

片足づつチェックするため、まずはあぐらをかきチェックする方の足だけだ伸ばし

上体を曲げて伸ばした脚を両手でつかむようゆっくり上体を倒していきます。

その際は息を吐きながら上体を倒すようにしてください。

両手で脚をつかめればOKです。

反対の足も同様に行っていきましょう。

脚に手が届かない場合は脚の柔軟性を高めていくことが今後の課題になります。

柔軟性チェック3 脇腹

上半身から足までまっすぐ伸ばし、骨盤の片方を床につけて横になり上半身だけ

上体を起こしせるかのチェック

涅槃像のように横になって右側の骨盤が床なら右手、反対なら左手で床を突っ張り

上半身だけ上体を起こして脇腹が伸びるかを見ていきます。

その際骨盤が浮かないようにし、両足は揃えて肩からまっすぐ下に手をつくようにしましょう。

骨盤が浮き上がらずに上体を45度まで起こせたらOKです。

反対側も同じようにチェックしていきます。

上体を起こせない方は脇腹の柔軟性を高めることが今後の課題になります。

柔軟性チェック4 股関節

床に座り開脚したまま床にヒジをつくことができるかのチェック

脚を大きく開いて息を吐きながらゆっくりと上体を前に倒していきアゴに手を当て

ヒジが床につけるかを見ていきます。

注意点としてはヒザが曲がらないようにすること。

過度の痛みがないようにすることが大事です。

無理をすると怪我の元になりますので注意しましょう。

上体を45度以上倒せない場合は股関節の柔軟性を高めることが今後の課題になります。

まとめ

体幹トレーニングの前にカラダの状態を把握することが大事になります。

自分が今どのくらいのレベルの柔軟性を持っているのかを把握するため

このチェックはトレーニングの前に必ず毎回実践することをおススメします。

日々のトレーニングの効果を実感し、トレーニングの楽しさを感じてもらうために

必要なチェックになります。

さらに自分に足りないものを知り改善するためにもカラダの柔軟性チェックは必要なプロセスなので『知る』をテーマに頑張ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク