西野カナ実践−7kgの4つのダイエット方法とは?

シェアする

最近の記事

若い世代の女性に大人気のアーティスト西野カナさん。

リアルな女性の気持ちが描かれている恋愛ソングの歌詞には共感する人が多く、かわいらしい容姿やファッションも憧れとして慕うファンも多いの人気の理由のひとつです。

今回はその西野カナさんが実践しているという-7kgを実現したダイエット法のお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

個人差によるダイエット方法

一時期、超多忙なスケジュールなため体重が増加したそうでピーク時は体重が57kgになったそうです。

しかしその後、体重57kg→50kgまで独自のダイエット法で体重を絞ったそうですが、100kgを93kgに減少させるのと57kgを50kgまで落とすのとでは難しさが異なります。

100kgもの場合は過剰なカロリー摂取が原因なので、その過剰なカロリーをカットするだけでも大きな効果があるので、さほど本人の食欲抑制が可能であれば難しいことではありません。

しかし自分のベストとあまり変わらない体重やさらにそこから落とすとなると通常のカロリーカットだけではなくさらなる運動や栄養の摂り方にも工夫をしなくては実現できないからです。

では一体、西野カナさんはどんなダイエット法を実践して成功したのでしょうか?

nisinokana

greenscoop作

そのプロセスをご紹介していきます。

1 デトックス効果の高い3つの食事

野菜

vegetables-1_1

野菜には酵素(生野菜)や食物繊維などが多く含まれているため、老廃物の分解や排出を促します

食物繊維は不要な脂質を排便と一緒に出す腸のお掃除をしてくれる効果があるので、代謝アップや美容効果などメリットは数えきれません

しかも、栄養素の吸収を上げてくれるので少ない食事でも健康のための栄養素をしっかり吸収してくれます。

(以前のブログでも紹介しています4つの酵素がカラダに与える効能

ヨーグルト

yogrut

乳酸菌によって腸の働きを活発にしてくれます。

腸の働きを活発にすると便秘による肌荒れやにきびなどの解消につながり悪玉菌と善玉菌のバランスを正常に保つため健康への影響は計り知れません

また幸せを感じるハッピーホルモンもほぼ腸で作られているため幸せを感じることにもつながり、免疫力が上がるので病気にもなりにくいといいことづくしです。

(以前のブログでも紹介していますヨーグルトは今も健在!美容ダイエット効果

オリーブオイル

olive-oil

普段使っているオイルをオリーブオイルに変えることによってコレステロールの低下や肥満、高血圧、糖尿病などのリスクを下げる効果があります。

ドレッシングなどは砂糖やさまざまな調味料で味付けされているため健康にいいかというと疑問が残ります。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロール上げる効果があり、また抗酸化作用もあるのでアンチエイジングにもオススメです。

また腸の働きを活発にしたり、オリーブオイルに含まれるクロロフィルはデトックス効果もあるので美肌にも効果を発揮します。

2 間食をしない

通常人は朝昼晩三食と一定の間隔で栄養を補給することで生命活動に支障のでないバランスのとれた生活を送ることができます。

しかし食事と食事の間である間食をすることで栄養を過剰に摂りすぎてしまい肥満の原因になってしまったりします。

さらに間食には甘いものだったり、塩分が高めのお菓子など脂肪増加に繋がるものを好んで食べる傾向があるため一日の栄養の過剰摂取に繋がってしまいます。

この余計な過剰摂取を避けるためにも、間食は避けた方が無難ということになります。

もし食事の量が足らず空腹で耐えられないときは、白湯やカロリーなどのないものを選んで空腹をみたすようにする効果があると思います。

刺身こんにゃくなんてのも美味しくてカロリーもなくデトックス効果もあっていいかもしれませんね。

3 18時以降の食事をしない

厳密に18時以降というわけではありませんが、通常会社や学校に言っている人は18時以降は帰宅しリラックスした状態になる方が多いかと思います。

そうするとほとんど活動量の少ないもっともカロリーを消費しない時間帯のためこの18時以降という時間設定になっています。

活動量の減少する時間帯であとは睡眠に移行するための準備時間ということもあり脂肪をためやすい時間帯でもありまた、睡眠前の食事には胃が活発になって副交感神経に移行しにくいため熟睡を妨げるので、睡眠不足による翌日の活動量の低下や新陳代謝、免疫力の低下にも繋がるのでデメリットの方が多いため18時以降の食事をしないダイエット方法が有効になってきます。

しかし、空腹過ぎるのも睡眠の妨げになる可能性がありますので、量を減らし睡眠までの時間を4時間(消化が終わる時間の目安)は空けると問題はないかと思います。

22時から2時の間はゴールデンタイムと呼ばれる睡眠でもっとも大切な時間帯です。

ゴールデンタイムにはホルモン分泌による肌の新陳代謝や免疫力の向上、脂肪燃焼や骨または筋肉の修復など人間のカラダにとってとても重要な時間帯なので美肌・健康・ダイエットにもっとも必要な時間なのです。

22時の4時間前が18時なのでこの時間以降に食事をしないという点でも理にかなっています。

4 ジョギングをする

有酸素運動は脂肪を燃焼させて減らす効果があります。

また代謝の向上や細胞の活性化など美容や健康にも大きな効果がありダイエットにおいて重要な運動といえます。

脂肪を燃焼させるのは基礎代謝もしくは有酸素運動だけですので(無酸素運動は筋肉を増やして基礎代謝を上げる効果のため直接脂肪を燃焼させるわけではないのです)その点でもやってそんはしない運動法です。

さらに、肺活量などの改善によって全身に酸素を行き渡らせることができ代謝や免疫力の向上にもつながります。

無酸素運動と違って筋肉の肥大がないためスリムな体系を目指す女性にはもっとも適した運動といえます。

(以前のブログでもご紹介していますダイエットにランニングが効果的な理由

最後に

個人差はあるかもしれませんが、確かに理にかなったダイエット方法であることは間違いありません。

しかし、同じことをすれば必ずダイエットできるといった保証があるわけでもなくあくまでも個人差があるので自分にあったダイエット法を探すことが大切です。

もちろん同じような効果が期待できますので、やってみることは無駄なことでもありません。

そこからさらに自分にあったダイエット方法をみつけることによってあなたをより美しくしてくれることでしょう。

ダイエットの道も一歩からですよ。

一緒にがんばりましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク