効果が違いすぎる!驚くべきダイエット法

シェアする

最近の記事

ダイエットの効果を効率よく得ることができたら、それは理想の体になるまでの最短距離を進むことになります。これまで、基礎代謝を上げてダイエット効率を上げる方法や間違えないダイエット法を2回に分けて取り上げてきました。

そして今回は効率よくダイエットするトレーニング法のお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットストーリー

有酸素と無酸素運動の使い分け

有酸素運動は低い負荷を長時間あたえ続ける運動でウォーキングやランニング、エアロビクスやバイクのような運動を言います。

無酸素運動は強い負荷を集中的にあたえる運動でウェイトトレーニングや短距離走などのような運動を言います。

この違いは負荷の強さと負荷をあたえている時間です。

有酸素は弱く長く、無酸素は強く短くといった具合でしょうか。

その効果にも違いがあります。

有酸素が持久力や脂肪燃焼などの効果

無酸素が筋肉の増強や発達などの効果

という違いがあります。

それは消費しているエネルギーにも違いがあるためです。

有酸素は糖や脂肪を燃焼しますが、無酸素は糖のみエネルギーとして消費します。

つまり無酸素運動をいくらしても脂肪の燃焼にはつながりません。

例えば

長距離走(有酸素運動)のマラソンランナーで高橋尚子元選手の体つきを思い出していただくと分かりやすいですが、細くなるべく負担を減らすよう軽い体つきになっているかと思います。

それに対して、短距離走(無酸素運動)のウサインボルト選手のような短い距離のスピードを争うような選手は体や太ももが発達し、一瞬の瞬発力を出すため筋肉質な体をしています。

これが有酸素と無酸素の違いになります。

では、有酸素運動だけでいいじゃないか?

という方もいるかと思います。

確かにその考えも間違いではありませんが、前回、前々回とお話しをしてきました。

効率よくダイエットするための基礎代謝を上げるために、筋力トレーニングは必要不可欠なのです。

有酸素と無酸素の効果の違い

有酸素では糖と脂肪が燃焼してしまいます。

そのためスレンダーな体型を望む場合的したトレー二ング方法と言えますが、実はお尻や胸の脂肪も燃焼してしまうため、女性らしいグラマラスな体型とは違う痩せ方をしてしまいます。

逆に無酸素では糖は消費しますが脂肪は燃焼をあまりしません。

しかし筋肉の成長による腹筋や二の腕、足などの引き締め効果があり、胸などの脂肪はキープしたままになります。

ちなみにポッコリお腹はお腹を支える筋肉が弱まり、支えきれなくなってしまっている状態ですので腹筋で支える筋肉を鍛えることがポッコリお腹の改善には一番です。

特性を良く知り、有酸素と無酸素運動のバランスをとってトレー二ングすることが理想のボディを目指す最短距離の方法だと言えます。

トレーニングバランス

有酸素と無酸素運動をうまく使い分けし、トレーニングバランスを行うことでダイエット効果は何倍にもなり、目標体重までの時間短縮が望めます。

有酸素運動では脂肪が燃焼し始めるのに時間がかかります。

およそ個人差はありますが約15分~30分だと言われています。

その後脂肪が燃えだすので、30分程度ウォーキングやランニングをしてもほとんど効果は望めません。

その燃焼効果は約10分程度だからです。

最低でも1時間はウォーキングを行わないと効果はわずかだと思ってください。

ではどうしたらいいのか?

そこで使うのが有酸素と無酸素のトレーニングバランスです。

トレーニングバランスの効果

ダイエットにおいて痩せるために、その特性を活かした有酸素運動は不可欠です。

しかし有酸素運動だけでは脂肪の燃焼に時間がかかるためどうしても効率が悪いのです。

そのため無酸素運動の特性をうまく使って効率を上げます。

それは有酸素運動を行う前に無酸素運動を行う。

たったこれだけのことで効果は劇的に変わります。

無酸素運動によって体の引き締め効果があります。

さらに先に無酸素運動を行うことによって脂肪燃焼の燃焼スピードが速まります

無酸素運動には成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

成長ホルモンは脂肪の分解を促進する効果があります。

脂肪は分解されて遊離脂肪酸という物質に変わらないと燃えません。

成長ホルモンは脂肪を遊離脂肪酸に変える速度を速めるのです。

この効果により燃焼開始時間が

約15分~30分 → 約5分~10分と時短することができるため

1時間走った場合

1日で20分ほどの差

10日で200分

100日で2000分

1年で7300分 (約122時間)

これだけの差になると無視することができません。

ですから有酸素の前に無酸素運動を行うとその効果は、はるかに高い効果を発揮すると言えます。

ゴールデンタイム

皆さんは筋肉のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありますか?

実は良質のタンパク質を摂ることで筋肉は回復し、より強い筋肉へと成長します。

その筋肉の修復を早める時間帯がありそれにより、より質の高い筋肉をつけることができます。

それによってトレーニングパフォーマンスを上げることができ、さらに痩せやすくきれいな体を作るプロセスになります。

そのゴールデンタイムとはトレーニング後10分以内です。

人が喉がカラカラで水を飲みたい!お腹すいたからご飯が食べたい!

といったように筋肉もトレーニング直後は栄養を欲しがります。

そのタイミングで筋肉の栄養であるタンパク質を摂ることでより質の高い筋肉を得ることができます。

これは、スリムな体やツヤのある体をつくるためにも必要です。

またこれにより肌にハリが出るので是非女性にもオススメしたい方法です。

筋肉は基礎代謝を上げるために必要不可欠です。

これによってトレーニングバランスの効果をさらに上げることができるのでゴールデンタイム中にタンパク質(吸収の良く良質なホエイタンパク質がオススメ)を摂ってください。

翌日の疲労感にも違いが出来てきます。

まとめ

有酸素と無酸素の特性を生かしたトレーニングバランスで効率良くダイエットすることができます。

トレーニングの効果は通常2週間後から出始めます。

ですから、1か月は続けないと効果はどんなトレーニングをしてもほとんど現れません。

どんな効率の良いトレーニング方法でも続けなければ意味がありませんので継続して行うことをお勧めします。

そうすれば1か月後、2か月後と全く違う自分の体と出会うことができます。

その体に出会うためぜひ頑張ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク