ココナッツオイル3つの成分と健康やダイエットへのメリット

シェアする

最近の記事

みなさんこんにちは

寒い日が続き日曜日には40年に1度の大寒波がくるという事で多少ビビっていますがいかがお過ごしですか?寒いと動かなくなるので太りやすくなりますので食べ過ぎには注意しましょう。ということでダイエットや美容に良い食べ物シリーズで今回はココナッツオイルのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ココナッツオイル

ココナッツオイルにはオリーブオイルのように

・ココナッツオイル

・ヴァージンココナッツオイル

の2種類があるそうです。

ココナッツオイル

熱を加えたり漂白や脱臭など加工が加えられて見た目をよくしているものを指すそうです。

加工して手が加えられたココナッツオイルでは飽和脂肪酸中鎖脂肪酸ラウリン酸の数値が下がってしまう。

ヴァージンココナッツオイル

無精製、無添加、非加熱抽出をしている天然オイルがヴァージンココナッツオイル

化学物質や添加物を含まないのが特徴だが、ココナッツオイルと成分はほとんど差がない。

1 飽和脂肪酸

脂質の材料でエネルギー源として使われます。

ラードやバターなど肉類や乳製品の動物性に多く含まれる脂質です。

常温では個体になり高温の熱を加えることで液体に変わります。

体温では温度が低いため体の中で固まりやすく中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があり、摂りすぎて血液中に増えると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病などの原因になります。ただし、不足すると血管がもろくなったり脳出血などの原因にもなりますので不飽和脂肪酸とのバランスのよい摂取が必要です。

ちなみに

不飽和脂肪酸は脂質の材料でエネルギー源として使われます。

オリーブオイルやごま油、魚類など植物性多く含まれる脂質です。

常温でもサラサラの液体の状態なため体内や血液中でも固まりません。

有名なところでDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)などよく聞くかと思いますがこれらが不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、血液をサラサラにしたり脳の機能を向上させたり、抗うつ効果や中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるといわれています。

2 中鎖脂肪酸

一般的な油よりもすばやく消化・吸収されてエネルギーになりやすいのがこの中鎖脂肪酸です。脂肪酸を長さによって分類していて一般的な油であるキャノーラ油やオリーブオイル、ラードなどは長鎖脂肪酸となり牛乳やココナッツオイルなどは中鎖脂肪酸に分類されます。一般的な油より5倍も分解吸収が速いため医療現場などで未熟児やてんかん患者、腎臓疾患者などの栄養補給として広く使われています。

スポーツ後の栄養補給や中鎖脂肪酸が合成されてできるケトン体による脳の栄養不足解消(アルツハイマー病など)など多岐に渡って注目されています。

便通の改善や体内でケトン体が作られると食欲が抑えられるためダイエットにも最適。

3 ラウリン酸

母乳に多く含まれる成分で免疫力を上げたり、抗菌作用があるためウイルスや病原体に感染しにくくなります

さらに唾液に含まれる酵素によってモノラウリンとい成分に変化し、腸内の悪玉菌を攻撃するとともに善玉菌を活性化することで腸内がきれいになり栄養素の吸収がよくなります。

また活性酸素から肌を守ってくれるので酸化を防ぐためアンチエイジングにも最適です。

ヴァージンココナッツオイルのメリットは?

約70パーセントが中鎖脂肪酸なので分解吸収が早く、エネルギー源としてすぐに使用されます。さらに中鎖脂肪酸がケトン体へと合成されることで、体が糖質を必要としなくなるため食欲を抑えるのでダイエット効果には最適です。

またビタミンEを多く含むので動脈硬化や冷え性などを防ぎ、代謝を上げてくれます

また保湿効果やがん予防、コレステロールを下げる効果などもあります。

飽和脂肪酸は体に良くないという説もありますが、それは過剰摂取が原因なので通常は体には必要な脂質です。腐りにくいという効果があるため防腐剤を使用しなくていいというメリットがあります。

つまり、添加物を使用せずダイエットや健康、美容によく老化防止にもなる腐りにくいという食品がヴァージンココナッツなのです。

ヴァージンココナッツオイルの摂り方

ココナッツオイルは常温では固形のため熱を通したほうが摂りやすいです。

温かい飲み物に入れる

・紅茶

・ココア

・ホットミルク

・コーヒー   など

などにいれることで香り楽しむこともできオイルによるリップケアやぷるぷる感がでたりと内面外面ともに効果があります。

※冷たい飲み物では固形になってしまい飲みにくくなります。

トースターなどにのせる

マーガリンはトランス脂肪酸という体によくない脂質が入っているためアメリカでは全面的に禁止になったほどです。変わりにココナッツオイルをのせ、蜂蜜をかけると健康にもよくおいしく食べれますのでおすすめです。

温めてサラダにかける

そのままでは固形なため熱を加えて液体にしてサラダなどにかけてみましょう!

食物繊維や酵素と+1の栄養で健康にもダイエットにも良い食事がとれます。

最後に

他にも様々な摂り方がありますので自分なりの食事法をみつけてみてはいかがでしょうか?

また、摂取以外にも体に塗ったりなど用途もさまざまです。

今後ご紹介していきますのでご期待ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク