ダイエットを妨げるあの食べ物

シェアする

最近の記事

みなんさんこんにちは

いつもこの人生を11倍楽しむダイエットを読んで頂いてありがとうございます。

ダイエットを行う上で参考になればと思って書かせていただいています。

よろしければご意見なども頂けるとうれしいですので質問などあればこの内容についても書かせて頂きたいと思いますのでぜひお願いいたします。

さて今回はダイエットの弊害になる食べ物のお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットを妨げる食べ物とは?

炭水化物

ごはんや麺類などの炭水化物がダイエットでは禁物というのは有名な話です。

炭水化物抜きダイエットなど今や実践している人も多いのではないでしょうか?

以前にも糖がダイエットにおいて一番の影響が大きいという話をしました。(糖を制するものはダイエットを制する

ダイエットにおいて糖は摂取を控えなければいけませんが、炭水化物には糖が多く含まれるため糖を摂れば摂るほどその依存性から摂取を我慢できなくなるという負のスパイラルに陥ります。しかも、炭水化物にも同じような依存性がありますので食べなくてはいられないというさらに負のスパイラルに陥るという泥沼につかります。まったく食べないというのも無理な話なので依存しないよう少量に抑えることが重要です。

大根

昔は砂糖を作るのにさとうきびと大根から作られていたほど大根には糖が多く含まれています。大根を食べることは砂糖を食べることと一緒と考えてもいいほどです。

そのことに注視しながら食べ物には気をつけて下さい。

糖度の高い果物

最近のくだものは糖度をかなり上げて栽培されています。

ですから今までのくだものよりも糖分が多く含まれているため過糖には注意が必要です。

特にもともと糖度が高いくだものでもさらに糖度を上げてその甘みを売りにしているためその落とし穴に陥りやすいという難点がありますのでご注意ください。

(みかんやマンゴーなど)

加工肉製品

こちらも糖が多く使われて作られているためダイエットには不向きです。

加工の過程で砂糖が意外に多く使われているのが原因ですね。さらには最近ではWHO(世界保健機関)が発がん性がある食べ物としても発表されていました。

こちらも合わせて食べ過ぎには注意しましょう。

(魚肉ソーセージやちくわなど)

小麦

実は砂糖よりも小麦の方が血糖値を上げるものだそうです。

小麦は他のどの食品よりも急激に血糖値を上げその後、急激に下げるというアップダウンが病気のリスクを高めるそうでその血糖値を急激に上げることがダイエットにも弊害な上健康にも問題ありのため摂取は控えたほうがいいかもしれませんね。

さらに、依存性が高いことでも有名なので一度食べるとなかなか辞めることができないという難点もあります。戦後GHQが日本に食料を無償で提供するといって小麦を与えました。その後小麦に依存した後、有償で提供したため国で余った小麦をさばくために無償で提供し依存させて買わせたという話があるほどです。

食べ過ぎには注意しましょう。

糖分

ここまでのお話で糖分がいけないことをお話させていただきました。

もちろん砂糖や和菓子、洋菓子さらにはジュースなど砂糖を多く使っているものはダイエットにおいて控えなくてはいけない食べ物ですのでご注意ください。

最後に

ダイエットにおいて糖分はいけませんが、摂らなすぎるのも問題がありますので摂り過ぎ摂らなすぎに注意して摂取してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク