ミドリムシが世界を救う ユーグレナの奇跡

シェアする

最近の記事

みなさんこんにちは

北朝鮮のミサイル予告で緊張感が高まっている今日この頃ですが、環境問題や経済問題が心配です。また地球上では資源問題や食料問題など不安要素がたくさんあります。

その不安を解決する次世代の栄養素ミドリムシのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミドリムシとは?

学名をユーグレナといい髪の毛より細い約0.05mmの小さな微生物のことをいいます。

ミドリムシは藻の仲間動物と植物、両方の特徴を持っています。

1660年代に発見されたこのミドリムシは実は5億年前から地球上に存在しているそうです。

ミドリムシは何が出来る?

動物と植物の両方の性質を持つため野菜と魚の栄養を一度に摂取できるミドリムシは人が生きて行くために必要な栄養素の大半を含んでいます

植物の特徴

ミドリムシは光合成によって栄養素を作り成長します。

その栄養素には野菜と同じようにビタミンやミネラルなどの成分を多く含みます。

動物の特徴

魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸(血液をサラサラにしたり脳の機能向上や抗うつ効果、中性脂肪やコレステロールを下げる効果)を含んでいます。

(DHAやEPA不飽和脂肪酸についてこちらココナッツオイル3つの成分と健康やダイエットへのメリット

培養で増やせる

ミドリムシは水と光と二酸化炭素があれば生きられることから、培養にて増やせるため石油などと違って枯渇する心配がない栄養素であり、次世代燃料にもなります。

ミドリムシでジョット機が飛ばせる?

ミドリムシは成長する際に油脂分をつくり、細胞内に蓄積する性質があり炭素構造が

ジェット燃料に適しているため高品質のバイオ燃料になり得る可能性を持っています。

また、二酸化炭素と水で培養でき、光合成で酸素を出すため環境にも良いため車など多方面のバイオ燃料としても注目されています。

ミドリムシの栄養素が凄すぎる

ミドリムシの持つ栄養素はなんと59種類!

消化率93.1%と直接野菜や魚を食べるよりはるかに消化・吸収しやすいのです。

どんな栄養素がある?

ビタミン14種類

α-カロテン・β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK1・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸

アミノ酸 18種類

バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・アルギニン・リジン・アスパラギン酸・グルタミン酸・ブロリン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・ヒスチジン・チロシン・トリプトファン・グリシン・セリン・シスチン

ミネラル 9種類

マンガン・銅・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・ナトリウム

不飽和脂肪酸 11種類

DHA・EPA・パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・エイコサジエン酸・アラキドン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタエン酸・ジホモγ-リノレン酸

パラミロンなど 7種類

パラミロン・クロロフィル・ルテイン・ゼアキサンチン・GABA・スペルミジン・プトレッシン

こんなに多くの栄養素が入っているなんてびっくりですね。

花粉症にも効果がある

ミドリムシに含まれるパラミロンは地球上でミドリムシにしかない成分です。

解毒効果がある成分ですが、花粉を有害物として判断する免疫細胞を減らす効果があり花粉症の症状を緩和する効果があります。

どのくらい摂取したらいい?

1グラム(ミドリムシ約10億匹)で1日分の栄養素を補えるということです。

粉末に加工が可能なためサプリメントや加工品などさまざまな食品に適しているので簡単に購入摂取できる栄養素です。

用法容量は製品によって違いますので詳しくは製品の説明をご覧ください。

いつ飲むのが効果的?

ミドリムシは消化率93.1%でどの食材にも影響されにくのでいつのんでも効果を発揮します。また、加熱してもビタミンなど栄養素が壊れることがないのでどんな摂り方にも対応できます。

ミドリムシが世界を救う?

ミドリムシの培養が進めば世界中の食料問題が一気に解決するほどの可能性を秘めています。栄養不足なんて言葉はなくなるかもしれませんね。

また、石油などの資源を使って二酸化炭素や有害化学物質などの環境問題も解決する可能性も秘めています。

このミドリムシの特徴で世界の食料問題や環境問題を解決することができるということで世界中で研究開発がされています。

最後に

ミドリムシの培養は難しいと言われていましたが、幾多の研究者によって私たちが手軽に口にできるようになれるまでになりました。

もちろんダイエットや健康、美容にと効果はさまざまでその恩恵は計り知れません。

ぜひおすすめした栄養素のひとつです。

世界を救うムシとしてこれから大注目の栄養素ミドリムシです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク