低体温が病気の原因?体温アップで健康になれる!

シェアする

最近の記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

低体温が病気の原因?

日本人の平均体温はおよそ36.5度前後と言われています。

しかし年々その平均体温は下がっており、35度台の人も増えてきています。

体温が下がるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

そうです。タイトルの通り病気になりやすいというデメリットがあるのです。

ではなぜ、低体温が病気の原因になるのでしょうか?


体温が1度下がると免疫力は30%低下する

なんと!

体温が1度下がるだけで免疫力は30%も下がるなんて驚きだと思いませんか?

しかし、私たちはその効果をちゃんと身をもって体験しているのです。

風邪などウイルスに感染した時、私たちの体は発熱します。

風邪なんかひいたことないなんて方も中にはいるかと思いますが

そう!これが身をもって体験した効果なのです。

どういうこと?と思う方もいるかと思いますが、考えてみてください。

なぜ体はウイルスに感染したりすると発熱するのでしょうか?

それは体温を上げることで免疫力が上がるからなのです。

体温が1度上がると免疫力は500%上昇する

ウイルスに感染した場合、そのウイルスを退治しなければ治りません。

その退治をする白血球が体温の上昇によりグンと性能が上がります。

するとウイルスと闘うための戦闘力が上がるためどんどんウイルスを退治し健康な体に戻してくれるのです。

さらに体温が上がることで酵素の活性が高まるのです。

酵素の活性が高まれば身体中に栄養を行き渡らせやすくなり、免疫システムの活性につながるというわけです。

もちろんこれは何も風邪で発熱した時だけではありません。

平均体温を上げることでこの効果の恩恵を受けることができるのです。

低体温はがん細胞になりやすい

実はガンを発症する人は低体温の人の割合がかなり多いようなのです。

また、低体温だとガンの進行スピードも速くなるということなのです。

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)というのを聞いたことはありませんか?

ナチュラルキラー細胞とは常に体中をパトロールしてウイルス感染や細胞の悪性化によって体内に異常な細胞を作り出してしまった際に、すぐにそれらを攻撃して防衛する非常に重要な免疫細胞なのです。

このナチュラルキラー細胞が活性化するの37度以上なのです。

つまり、低体温だとこのナチュラルキラー細胞が機能しきれず、ウイルスや細胞の悪性化を見逃しやすくなるためガン細胞になりやすいということなのです。

ですから、お風呂にはいって体を温めたり、ストレッチなどの軽い運動でも体温を上げることができ免疫力を高めることにつながるのでとてもオススメです。

外から温めるだけでなく内から体温を上げる

もちろん温かいもの飲んだり、湯船につかるなど外から体温を上げるのもいいのですがそれだけでは一時的に上がるだけなので根本的な解決にはならず、体温をただ1度あげればこれまでお話ししてきた恩恵を受けられるというわけではありません。

常にキープすることで、この効果を得ることができるのです。

そのためには、できることが3つあります。

体温を上げる3つの方法

食事の質を上げる

栄養の偏りや不足は血液のドロドロ効果を招き、栄養などの不足で体温が下がりやすくなります。質の良い食事を心がけ細胞1つ1つにしっかり栄養を行き渡らせましょう!

運動をする

運動するとこで細胞の活性化を促したり、筋肉量の増加で体温が上昇しやすくなります。

筋肉量を増やせば、太りにくい体にすることができるダイエット効果や冷え性の解消の効果があり、筋肉は熱を発するため手っ取り早く体温を上げる唯一の方法です。

ストレスを軽減する

ストレスを受けると細胞もダメージを受けます。

そのダメージの回復にコルチゾールというホルモンが使われますが、長期間ストレスを受け続けるとこのコルチゾールが不足し回復できなくなってしまいます。

うまくストレスを軽減することで、ホルモンバランスの崩れを防ぎ病気の原因をなくすことができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク