ガンやウイルスから自分を守ってくれるNK細胞

シェアする

最近の記事

みなさんこんばんは

本日は忙しく更新が遅れております。

インフルエンザが流行し始めていますがみなさんは大丈夫ですか?

ストレスや過労で風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなりますのでご注意ください。

今回は感染などを防ぐ最強の免疫についてのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

免疫

免疫とは病原菌やウイルスなどの外敵からの侵入を防ぎ、体内で作られたガン細胞をやっつける防衛機能のことです。免疫力は加齢やストレスで低下するため疲れや肌荒れなどが現れます。そのため免疫力を高めることが人生を楽しむために必要なことなのです。

その中でも外敵やがん細胞などから私たちを守ってくれる免疫細胞がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)といわれるものです。

NK細胞とは?

私たちの体の中のリンパ球(白血球の一つで、骨髄で作られリンパ節・胸腺などで分化、成熟、増殖する免疫のこと)の70〜80%をT細胞、5〜10%をB細胞といいます。

そして、残りの15〜20%の免疫細胞をNK細胞(ナチュラルキラー細胞)といいます。

健康な成人の抹消血中(血球とよばれる赤血球、白血球、血小板と大きく3種類に分けた物からなる。)に、ある一定数に存在します。

T細胞やB細胞のように病原微生物(細菌やウイルス)などの異物が体内に侵入して抗原(免疫タンパク質を作り出す物質)を刺激して働く細胞と違い、NK細胞は体内を常に巡回してがん細胞やウイルス、バクテリアなどをみつけてすぐさま攻撃する働きを持っている自然免疫なのです。

NK細胞が減少すると、なにが起きる?

NK細胞が減少するとウイルスやバクテリア、がん細胞などを攻撃する力が弱くなるため感染症や免疫疾患、ガンができやすくなるなどさまざまな疾病にかかり易くなります

また、ストレスや加齢でNK細胞は減少し病原体を攻撃する機能が衰えるため活性させる努力が必要になります。

NK細胞を活発にするには?

NK細胞などの免疫細胞は60〜70%腸管に存在するため腸内環境を整えることが免疫力を向上させる手がかりになります。

腸内環境を整えるのに乳酸菌などが有名ですが、その中でもヨーグルトや乳酸菌飲料にあるR−1という乳酸菌がNK細胞を活性化させるとして注目されています。

また、海草類に含まれるフコイダンという成分がNK細胞の活性化に作用するという研究結果があります。

この免疫力を上げるといわれるフコイダンの摂取により免疫細胞が活性化され全身を守るチカラが高まるようなのです。

さらにこのフコイダンと一緒に乳酸菌(ヨーグルトや乳酸菌飲料)やきのこテルペン(白楡木茸やぶなしめじ)を摂ることで相乗効果を引き出すことができ、さらに免疫力を高めることができるのです。

摂取する意外にNK細胞を活発にする方法

NK細胞が減少する原因にストレスや疲労が関係しているためその要因を除去することがNK細胞を活発する方法と言えるでしょう。

それには笑うことです。

笑う門には福来るという言葉があるように笑うことはいろんな効果を引き出します。

ストレスとは色んな刺激のことをいい(ストレスが人に与える影響)そしてストレスの大きな原因に怒りがあります。

怒りを解消する方法が笑いなのです。

また、体温を上げることで代謝が上がり免疫力をアップするという方法もあります。(体温を上げるメリットとダイエットの理由

さらに、睡眠不足解消によって免疫力を上げることができストレスを軽減することができるため十分な睡眠をとることがNK細胞を活発にすることに繋がります。(睡眠によって起こる体への影響

また、ストレス解消や免疫力と上げる方法として以前も有酸素運動が効果があるという記事も書いていますのでそちらもご覧ください。(ダイエットにランニングが効果的な理由

最後に

今までご紹介したブログで特にストレスについては細かな描写で書いていこうかと思っています。ストレスが人生を楽しむためにいろんなところで関わってきます。

ですからストレスを知る事が人生の楽しみ方を知る事ではないでしょうか?

今回のNK細胞もストレスの影響を大きく受けます。

しかもそれが新たなストレスとなり拡大していきます。

根本のストレスを解消することがNK細胞という免疫力を上げる方法なのかもしれません。

体のしくみを知り、まず自分の体内でなにが起きているかを知ることが大切かと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク