ストレスが人に与える影響を解き明かす

シェアする

最近の記事

みなさんこんにちは

本日は天草の温泉にてゆったりとした時間を過ごしながらお風呂上がりにこのブログを書いています。

癒しの時間は心も体も癒してくれます。ということで今回はストレスのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレスとは?

以前にもお話しました。ストレスとは ストレス=嫌な事 というイメージがありますが、実は体にうけるすべての刺激をストレスといいます。 (ストレスを力に変える方法があった

人はストレスを受けるとどうなる?

ストレスをうけたことがないという人はいないでしょう。

みんな多少の違いはあれど、何かしらのストレスを毎日受けているかと思います。

痛い、苦しい、辛い、憂鬱、イライラ、むしゃくしゃ などストレスにはネガティブなイメージが付いて回り忌むべき存在と思います。

ストレスが溜まれば体にも心にも大きなダメージを与えます。

というのが私たちが今まで抱いていたイメージです。

しかし、その考え方自体間違っていたら?

本当は生きて行く上で必要と知ったら?

真実を知る事で実は、ストレスのイメージはガラッと変わります。

ストレスが健康に良い?

ストレスをストレスと判断するのはまずどこでしょう?

そうです。脳に伝達され情報を脳がストレスと判断するからストレスを受け健康や心にダメージをうけます。

それは、ストレスが悪いものというイメージを植え付けられているためストレスを受けたとき体によくないと脳が判断し、本当に体調をくずしたり心が辛くなったりしてしまうのです。

そうです!すべては思い込みによるダメージだったのです。

思い込みだけで人は体調を崩す?

にわかには信じがたいかと思います。ただの思い込みだけでこんなにも人はストレスに翻弄されてしまうのか。

しかも、それはほとんどの人たちがこの思い込みに陥っているということを。

ある実験があります。

目隠しをした状態で椅子に縛られ固定された人が、脚に少しだけ傷をつけ水がしたたる音と水を脚に垂らしてたくさん血がでていることを伝え「これ以上出血すると死ぬ」と申告するとやがてその人はショック死したというお話です。

これはフラシーボ効果といものです。

同じことがストレスにも言えるのです。

フラシーボ効果とは?

フラシーボの語源は「I shallplease(私は喜ばせるだろう」からきているそうです。

このことから薬理作用のない薬を指すようになりました。

薬理作用のないものによりもたらされる効果をフラシーボ効果といいます。

良い作用と(治療効果があるもの)悪い作用(副作用効果があるもの)がありその作用は場合によって変わってきます。

そしてその作用は

1 暗示効果

2 条件付け

3 自然治癒力

4 その他

の四つが挙げられます。

1 暗示効果

先ほどの話にありました目隠しをして椅子に座って脚を少し傷つけて水を垂らすと自分の血が滴り落ちていると勘違いをするという現象を指します。

よくこれは何に絶大な効果があるというのを信じて実際にその効果があるのもこの暗示効果のためです。

ストレスが悪いものだと思い込んでいるのもこの暗示効果が挙げられます。

2 条件付け

これはパブロフの犬と同じく、ベルの音を聞かせてから、えさを犬に与えるとその犬はベルの音だけで唾液を垂らすようになるという実験のように、この薬を飲んだらいつもよくなるといった条件付けにて病気が治りやすくなるという効果です。こういったあらゆる条件付きの思い込みもストレスが悪いものだと思い込む原因のひとつです。

3 自然治癒力

「病は気から」という言葉があるように気持ちの持ちようで治癒力が変わってくることがあります。意思の強さが自然治癒力に作用しているという考えです。

4 その他

他にもこのプラシーボにはいろんな作用がありますがまだその多くは謎のようです。

まだ未知の部分で作用している可能性があります。

反対の有害な効果をノーシーボ効果がストレスの根源

1 暗示効果

ストレスが悪いものだと思い込んでいるのもこの暗示効果が挙げられます。

2 条件付け

こうされるとイライラするとかこれはストレスが溜まるなど、あらゆる条件付きの思い込みもストレスが悪いものだと思い込む原因のひとつです。

3 自然治癒力

心配はストレスを誘発し悪化させる可能性があります。それはダメかもというネガティブな感情がマイナスのストレスを生むからです。ポジティブなプラスのストレスを生み出すことでそれが治癒系に強く影響を与えます。

4 その他

まだ他にもストレスに作用している未知の部分がある。

最後に

ストレスは奥が深く根が深い

一長一短では解き明かせない問題です。

少しずつストレスを理解して行く事で自分の中のストレスと向き合っていくことができます。

ストレスをうまく使えるようになれば、人生の中できっと役に立ちます。

少しずつストレスに踏み込んでいきますので引き続きこのブログで一緒にストレスを理解していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク