朝から運動することのメリット

シェアする

最近の記事

みなんさんこんにちは。

いよいよ正月休みも終わりそろそろ仕事初めの方も多いかと思います。

私はまだエンジンがかからずちょっと寝ぼけ眼で仕事をしていますが皆さんはいかがでしょうか?

さた今回は朝に運動をすることのメリットについてのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝は忙しい

朝起きてからなぜ運動した方がいいのか。私は朝が苦手でなかなか起きる事ができなくていつも目覚ましを3回鳴るように設定しています。それでも起きてからは頭がぼーっとしていて行動が通常の10分の1以下のスピードに落ちます。それでも遅刻はほとんどしたことがないのですが自慢です。

朝はなかなか急がくて時間がない方がほとんどだと思います。

私も先ほどお話したように朝が弱いので準備にいつまでも時間がかかります。ですので出発の2時間前に起きるようにしています。

しかしそんな忙しい時間を割いてでも朝運動することにどのようなメリットがあるのでしょうか?

なぜ朝に運動?

それは朝に運動することにはいくつかメリットがあるからです。

朝だから運動する効果が違うというメリットがあればこれをやらない手はないかと思います。

朝やることによって通常よりも違うダイエット効果が望めるのならもしかしたらそれは自分にあったダイエット法なのかもしれませんし、その副産物で様々な効果をもたらしてくれるのならそれは人生を楽しむための方法と考えていいかと思います。おすすめは30分ほどのジョギングですがその前に10分ほで筋トレをすると効果が高まります。

どんなメリットが?

朝は起きた時は血糖値が下がっている状態です。以前ダイエットにおいて糖を制限することが重要というお話をしました。→糖を制するものがダイエットを制する

糖は体の中で取り込まれて脳の栄養や各機能へと使われるため分解されて吸収されます。しかし余った分は脂肪として蓄えられてしまうという内容でした。そしてその糖が使用されるのはまず摂取したものから順に消費されるため体内の緊急時用として蓄えられている脂肪は(必要なとき分解されて糖質として使われる)使用されないため結局は蓄えられている脂肪が減らないという仕組みになっています。

血糖値の下がったときを狙う

しかし現状糖を全く摂っていない状態というのは難しいかと思います。それは朝食、昼食、夕食とある一定の感覚で食事をするためどうしても多少なりと糖分はとってしまうからです。そこで朝運動をするとメリットがあるのです。就寝後の朝は血糖値が下がっているためその時を狙って運動をすると脂肪を燃焼させて糖を取り出そうとするので脂肪を減らしやすい状態というのを作り出せるメリットがあります。

朝運動することで気をつけなければならないこと

しかし注意が必要です。それは、血糖値が下がっている状態で激しい運動をしてしまうと頭痛や吐き気などの症状を誘発してしまうので軽いジョギングを30分くらいがいいかと思います。この時血液が寝ているときに濃くなって固まりやすくなっているので水分を摂りながら行う事が重要です。

他にも効果がさまざまある

さらには血流がよくなることによって全身の代謝が上がり活動的になれることです。

朝運動すると体が寝ているときの副交感神経から活動的な交感神経へと移行するので集中力の増加や目覚め感の違いがはっきりわかるくらいの効果が期待できます。さらに朝日を浴びると体内時計がリセットされて夜の寝付きや朝の目覚めもよくなるので効果は二重です。

その日の1日が驚くほど活動的になってるのが自覚できるかと思います。その証拠におそらく良く笑ったり、よく話したりとコミニュケーションにも変化が出てくるので回りの人はなにかいいことでもあったの?などと聞いてくるかもしれません。それはエンドルフィンという気分を高揚させるホルモンが運動したことによって分泌されたため起きた現象です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

朝運動をすることによってこんなにも効果が期待できるのならやらないわけにはいかないでしょう。体だけでなく内面にもその効果がでてきるのならなおさらです。

ダイエットもできてコミュニケーション能力もあがるそんな効果が朝運動するだけで手に入るなんて目からうろこのお話です。

ダイエットでうまくいかないなーと思っているかた試してみてはいかがでしょうか。

※注意

絶対に糖を制限しすぎやまたっく摂らなかったりというのはしないでください。体に異常をきたしますし、怒りっぽくなったり思考に障害が生じたりとデメリットがでてきます。過度の糖分制限はマイナスなのできをつけて行ってください。過度の摂取も様々な弊害を生みますので絶対に辞めてください。

ベストは少量です。無理しない程度の適量でも大丈夫です。糖をどうしても制限してダイエットを成功したいと言う方は2ヶ月を目安に行ってください。約二ヶ月で糖を必要以上に摂りたくなくなるのでそれ以降は過度の制限はする必要もありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク