ダイエットにランニングが効果的な理由

シェアする

最近の記事

みなさんこんにちは

ダイエットにおいて効果的な方法としてランニングやウォーキングなどの有酸素運動が挙げられます。

まず有酸素運動とはなんでしょうか?

以前もご紹介しましたが再度復習してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有酸素運動

脂質や糖質を分解することでエネルギーにすることができます。そのため組織や細胞に酸素を送り負荷の軽い規則的な運動を繰り返し行なう事で分解からエネルギー変換までの効果が高まり脂肪が燃焼する運動のことをいいます。

有酸素運動はどんな運動?

継続的に酸素を取り入れながら負荷の軽いトレーニングというと、ウォーキングやランニング、エアロビクスなどの連続運動が挙げられます。有酸素運動を始めてから約20分ほどで脂肪が燃焼し始めるといわれているため、減量するにはなるべく長く行なうことが大事です。

ではウォーキングやランニングなどの長距離と違って同じ走る短距離走とどう違うのでしょうか?

短距離走は無酸素運動

短距離走は瞬発力を活かして如何に速く駆け抜けるかを競う競技です。

一瞬の瞬発力を出すために最大限の筋力を使って行なうため呼吸を止めたまま走ります。

つまり、継続的に軽い負荷を酸素を取り入れながら行なうランニングとは正反対の特性を持ち、最大の負荷かけて限界値を挙げるを無酸素運動の特徴を持っています。

つまり同じ走ることでもダッシュとランニングでは大きくその特性が変わってきて、違う効果が現れます。

ウォーキングの効果的な方法

ウォーキングは比較的負荷が少ないため、運動を始める人にはもってこいのダイエット法です。まずは散歩するような感覚で出かけてみましょう!

継続して行なうことが大事ですので、ルートを変えながら行なうことでマンネリ化を防ぎ永く続けることができるようになります。

そして、徐々に発展させるため少し早歩きにしてみたり軽いダンベルをもってウォーキングしてみたりと少しずつ負荷を挙げていくことで消費するカロリーが増えていくので、ダイエット効果が増していきます。

ランニングの効果的な方法

実は脂肪は一定のリズムをメトロノームにように刻んで走ることによって脂肪の燃焼が効果的に行なえるようになります。

また、持続して長い時間行なうことで効果は増加していくので1時間くらいを目安に毎日行なうことが効果的なダイエット方法と言えます。

ここで大事なのが距離ではなく時間が有酸素運動には重要です。

ですから距離を決めてランニングするのではなく時間を設定して行なうことをおすすめします。

効果的な時間は?

継続することが大事なので時間帯は都合のいい時間で構わないのですが、もし効果を少しでも上げたいのであれば朝がおすすめです。

糖質を摂った状態で運動すると体は摂取した糖質から使用するため、体内の糖質は使われずに、なかなか脂肪が落ちにくい状態といえます。

起床後は血糖値が下がっているため、有酸素運動で必要なエネルギーとなる糖質不足に陥ります。しかし、人の体は糖質をエネルギーとして使えなくなると代用としてケトン体を合成して使用するようになります。

それが続くとケトン体だけでエネルギーを賄う事ようになり、糖質を必要としなくなるためダイエットとしては朝行うジョギングが効果的と思います。

ランニングに時間が取れないときは?

先ほどにもお話した通り一時間ほどのランニングが効果的だという内容でした。

しかし、長時間は忙しいあなたには難しいこともあるかと思います。

そんなあなたにおすすめしたいのが、無酸素運動後の有酸素運動です。

ランニングなどの有酸素運動を行なう前に10分ほど筋トレなどの無酸素運動を行なうと20分の脂肪燃焼が開始が有酸素運動を始めたときから始まるという特性があるため効果的に脂肪燃焼が行なえます。

この特性を活かし、ボクシングのトレーニングにも使われているダッシュ&ランが効果的です。

ダイエットに効果的なダッシュ&ラン

ダッシュ(無酸素運動)とラン(有酸素運動)を繰り返し行なうことで脂肪を燃焼しやすく分解して燃やす。燃焼しやすく分解して燃やすと繰り返し行なうことで効率的に脂肪を燃焼することができます。

10秒ダッシュして5分ランニングを繰り返し行なうと効果的に燃焼が行なえるため、おすすめのトレーニング方法です。

シューズにこだわる

自分の足にあったシューズを履く事で疲れ難くなり持続して走ることができるようになるため、ランニングにはシューズが重要な役割を担っています。

特にランニングシューズは軽く足にぴったり履く事ができ、クッションが効いていて効果的に前に進めるよう作られているのでぜひお試しいただけたらと思います。

最後に

ダイエットにおいて一番重要なことは継続です。

停滞期などなかなか結果がでなくなることもありますが、続けないとその壁を超えることができません。

『継続は力なり』という言葉があるように『千里の道も一歩から』です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク