手軽に簡単にできるダイエット 「スロトレ」

シェアする

最近の記事

みなさんこんにちは

今日は特に冷えますね。こたつが手放せない日が続きます。

出不精になってしまうと体重増加に繋がってしまうのでなるべく活動的な日常を送るように心がけていますがみなさんはいかがでしょうか?

さて今回はダイエットに効果抜群のおすすめトレーニング、スロトレについてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スロートレーニング

ゆっくり行なうトレーニングのことです。筋肉トレーニングをゆっくり行なうことで小さい負荷でも効果を十分に上げる事ができます。さらに、表面筋肉ではなくコアの部分を鍛えるため肥大した筋肉ではなく痩せやすい引き締まった筋肉を身につけることができます。

スロトレのポイント

スロトレを行なう上で重要なのが筋肉を緩めず動くことが大切です。

通常は筋肉の力を強めたり弱めたりして負荷を与えて鍛えますがこの方法の場合コアマッスルを鍛えるのではなく筋肉を肥大させるトレーニングになってしまうので女性にはおすすめできません。常に筋肉を緩める事なく軽い負荷を長時間与えることで激しい運動をしていると脳が勘違いしてコアマッスルが鍛えられ燃焼しやすい引き締まった筋肉を身につけることができるので女性にはうってつけです。

スロトレの4つの方法

  1. ゆっくり動かす
  2. 関節は伸ばしきらない
  3. 呼吸が重要
  4. フォームを意識する
1 ゆっくり動かす

今でやっていた筋肉トレーニングを回数ではなく1回を時間をかけてをゆっくり行うようにする。(例:腹筋を5秒かけて起き上がり5秒かけて倒すなど)

2 関節は伸ばしきらない

関節をのばしてしまうと負荷が筋肉ではなく骨や関節にかかるため十分な効果が得られません。筋肉にすべての負荷がかかっていることを意識して行いましょう。(例:腕立て伏せの時に起き上がるときに腕を伸ばしきらない下がるときに腕を曲げきらないなど)

3 呼吸が重要

息を止めてしまうと負荷が分散してしまってうまく効果が得られなく上一気に血圧があがるため立ちくらみや血管損傷などの危険があります。必ず呼吸に気をつけて阿吽を行います。

(例:腹筋の時起き上がる時に息を吐き、倒れるときに息を吸うなど)

4 フォームを意識する

苦しいからといって体をねじったり無理な体勢で続けても十分な負荷が希望の部分にかからず効果が薄れます。さらに、無理な体勢で行なうことで思いがけないところに負荷がかかり怪我の原因にもなりかねませんので、もしフォームを維持できないときは回数にこだわらず一旦休憩しましょう。

スロトレをするペースは?

スロトレを行なうのは時間が取れるときで構いませんが、継続しておこなうことが重要です。

結構キツいので1日10分程度でもOKです。もちろん効果を速く出したい方は30分くらいがいいですが無理をしないことが長く続けるコツです。

筋肉は疲労するため同じ部位を連続して鍛えると効果が薄れる上、怪我の原因にもなります。

筋肉が修復する2日は開けて行なうと効果的なので、今日は腕、明日は腹筋、明後日はスクワットなどローテーションすると常に疲労を回復しながら違う部位を鍛えることができるのでおすすめです。

お腹をスリムにしたいからと腹筋だけ二日おきに行なうだけでもいいですが、体全体を鍛えることが代謝を上げ痩せたい部分の効果を加速させるので体全体を鍛えることを心がけてください。一カ所だけよりも早く効果が現れてきますよ。

スロトレの時間帯は?

あえていうならばカロリーをあまり消費しない夜がおすすめですね。

夜は活動が一気に落ちるので夕食のカロリー摂取が重くのしかかります。

就寝前に行なうと夕食で筋肉の栄養であるタンパク質を摂取のによる回復を促進し、交感神経から一気に副交感神経に下降させることで眠気を誘います。さらに寝ている間に傷ついた筋肉を修復するのでいろんな相乗効果が得る事ができます。

もちろん食前でも朝行うことでも別の効果が期待できるので自分に合った時間帯が無理なく続けられるため理想的かもしれません。

まとめ

スロトレの四つの方法でトレーニングを行い習慣化することで期待する効果を得られる。

出来る範囲で行なってもいいが継続することが大事である。

筋肉の回復や効果的な方法を知る事が効率のよいダイエットを行なうことができる。

コアマッスルを鍛えると代謝が上がり何もしなくてもカロリー消費量が増えるので楽なダイエットとしておすすめできます。

こちらも参考におすすめです。

朝から運動することのメリット

必ず続けられるトレーニング法があった

スポンサーリンク
スポンサーリンク