ヨーグルトは今も健在!美容ダイエット効果

シェアする

最近の記事

みなさんこんにちは

いつも当ブログを読んでいただいてありがとうございます。

朝が早かったので眠気と戦いながら書いています。

さて今回はダイエットにはお馴染みヨーグルトです。

あれ?便通をよくするからじゃないの?と思っているかた!

いえいえそれだけではないんです。ヨーグルトの秘密教えちゃいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨーグルト

草食動物の乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のことです。

その乳酸菌(善玉菌)が腸内を正常に戻す効果があり永く慕われてきました。

ヨーグルトの効果

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているため、悪玉菌が増えないよう腸内環境を整えます。

腸内環境を正常にすることで免疫力が上がり感染症にかかりにくくなったり、便秘や肌荒れの改善また、アレルギー症状を抑えたりと健康や美容に大きな効果を発揮します。

また、ホエイタンパク質を摂ることで筋肉の栄養となって引き締まったカラダを作る事が出来ます。

ホエイタンパク質とは?

ヨーグルトなどで上澄みに溜まっている半透明な液体のことです。

低脂肪・低カロリー・高タンパクとして広く認知され、丈夫な筋肉を作るための栄養補給プロテインなどに使われています。

また骨を丈夫にする効果免疫力を上げる効果もあり、さらにラクトフェリンという成分を多く含んでいるためぜひ摂っていただきたい栄養素のひとつです。

ラクトフェリンとは?

母乳・涙・汗・唾液などの外分泌中に含まれる鉄結合性の糖タンパク質です。

腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やしたり、鉄を栄養分として生きる細菌の増殖を抑えたりして腸内環境を整える作用があります。

また、強い殺菌効果があるためピロリ菌やO-157などの悪玉菌を減らす働きもあり、病気の予防にもなります。

ヨーグルトの主な乳酸菌の種類

R-1乳酸菌

以前にもNK(ナチュラルキラー)細胞を活発にするR-1乳酸菌が効果的というお話をしました。

ガンやウイルスから自分を守ってくれるNK細胞

NK細胞を活発にすると免疫力が飛躍的に向上するため冬場など風邪やインフルエンザが流行する季節など対策としてワクチン以外にR-1乳酸菌を摂る事をおすすめします。

LB81

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株の総称で便秘改善はもちろんのこと皮膚機能が改善されるため美肌効果が他の乳酸菌に比べて高いのが特徴です。

LG21

ピロリ菌を効果的に減らす効果があるのが特徴です。

ピロリ菌は胃がんや胃炎のリスクを上げる菌で胃の痛みや食欲不振などの症状がでます。

子供に口で移ることもあるので、小さいお子さんがいる方は事前に病院での除菌などをお勧めします。

高生存ビフィズス菌BE80

胃酸や腸液で死滅せずに腸まで生きたまま届くのでヨーグルトの効果を存分に発揮できる乳酸菌です。他の乳酸菌よりも整腸作用が大きい乳酸菌といえるでしょう。

(ちなみに乳酸菌は死滅しても善玉菌を増やす効果はあります)

ガセリ菌SP株

生きたまま腸に届き、しかも長く腸に留るので内蔵脂肪・皮下脂肪を減らす効果があります。

ビフィズス菌SP株

ガセリ菌と同じく生きたまま腸に届き、しかも長く腸に留るので内蔵脂肪・皮下脂肪を減らす効果があります。

クリモリス菌FC株

免疫力を活性化させる効果でウイルスなどの感染に強くなったり美肌効果やアトピー性皮膚炎の抑制などの効果があり、また血糖値の上昇を抑える効果など、食物繊維のような効果があるので食前に食べると脂肪をためにくくなるダイエット効果が期待できます。

ビフィズス菌Bifix

他の乳酸菌と比べて腸内のビフィズス菌が摂取するたびに増えていくのが特徴です。

続けることでビフィズス菌が倍増していきます

食べるタイミングは?

人の体内のサイクルとして昼間食べたものが消化され、夜の間に分解吸収されています。

そして朝残りカスとなって便として排出されます。

ですから、朝必ず便意を感じる方は腸内環境が正常といえます。

つまり、腸で分解吸収される夜にヨーグルトを摂ることが効果的と言えます。

ヨーグルト(善玉菌)を摂る事で腸内が活発になり、分解吸収を助け老廃物の排出を促したりと太りにくい体質の環境を作れるからです。

ただし、就寝3時間以内は胃に負担をかけるため熟睡できなくなったりするため避けて下さい。(睡眠によって起こる体への影響

また、加糖などは避けてなるべくプレーンを選びましょう。

(糖のデメリットはこちら糖質制限ダイエットのメリットとデメリット

最後に

ヨーグルトは安価で手軽な健康食品です。

いろんな製品やいろんな乳酸菌があります。

たくさんある乳酸菌の中で実は自分に本当に合う乳酸菌はひとつしかありません

それが自分にマッチしたものかを知るすべもありません。

この乳酸菌を摂ると調子が良くなるなどいろいろ試して一番自分にあったものを探すことが大事です。

もちろん基本的な乳酸菌の効果はありますので全く効果がないというわけでもなく、腸内環境は改善されますので続けることが大切です。

その中でもっとも自分に合うものを探して効果を最大限に引き出しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク