超初心者カメラ講座♯1「カメラの種類」

シェアする

最近の記事

こんにちは
いつも当ブログを見にきていただいてありがとう
ございます。
今回より超初心者向けカメラ講座を始めましたの
でご参考になればと思います。

カメラの種類

カメラと一言で言っても様々なカメラの種類が
あります。
身近なものでスマートフォンのカメラがあります。
他にプロが使う一眼レフカメラやミラーレスカメ
ラにドローンやコンパクトデジタルカメラなど
カメラの種類は豊富でどんなカメラが自分に
あっているのでしょうか?
カメラの特性を知ってライフスタイルにあった
ものを探していきましょう!

プロが使う「一眼レフカメラ」


一眼レフカメラと言えばプロが使うイメージが
あるかと思いますが、最近はプロアマ問わず趣味
で使用する人が増えてきています。

ではなぜプロやカメラ好きは一眼レフを選ぶの
でしょうか?

それにはいくつか理由があります。

①レンズを変えることができる
②設定を細かくいじることができる。
③センサーサイズが大きい
④高画質及び高解像度
⑤機材アイテムを拡張することができる
⑥耐久性がある
⑦連写枚数が多い

などの理由があります。
上記の詳しい説明は今後の講座で一つずつやって
いきたいと思いますので、そちらをご覧ください。

様々な撮影シーンにおいてそれにあった撮影設定
が細かくできるので、自分の表現を最大限に活か
せるため一眼レフカメラを選ぶ人が多いのです。
よくわからずとりあえずイメージで④の高画質及
び高解像度だけで選んでいる人も多いかもしれま
せんね。

プロも使う「ミラーレス一眼カメラ」


ここ何年かで劇的に性能が向上してきてプロの
フォトグラファーも乗り換えている方が多い
ジャンルです。

一眼レフカメラと何が違う?と疑問に思う方も
いるかと思います。

確かに一眼レフカメラの特徴で挙げた項目と
全く一緒のことができます。

一眼レフとミラーレス機何が違うのかというと
そのミラーレスという名の通りカメラの中に映像
を反射させる鏡があるかどうかの違いだけです。

一眼レフにはレンズから入ってくる光をカメラの
中の鏡に反射させてファインダーで確認します。

ミラーレスはこのミラーを無くしてレンズから
入ってくる光の情報を電子モニターや電子ファイ
ンダーに写すことができます。

そうすることによってカメラ自体の大きさを
コンパクトにすることができるのが利点です。

どうしても一眼レフは高機能機種になるとその
大きさや重さがネックになることがあるので
近年ではコンパクト軽量のミラーレスが好まれる
傾向になってきています。

馴染み深い「コンパクトデジタルカメラ」


いわゆるコンデジといわれるもので、スマホや
携帯のカメラが普及する前はみなさんこのコンデ
ジを使われていたのではないかと思います。

最近ではスマホなどのカメラの機能が需実してい
るためなかなか見る機会も減ってきた気がします。

最近ではコンデジも差別化で少し尖った機種を
発売してきていますね。

例えば月や野鳥などが簡単に撮れる超望遠のコン
デジやコンパクトなのに高機能高画素のコンデジ
など機能に特化したものが人気のようです。

私もニコンのP900という超望遠機能がついたコン
デジ(コンデジというにはあまりにも大きかったが)を持っていました。

なんと83倍の超望遠ズームが可能だったので
月などはクレーターの形まではっきり撮影するこ
とができ、さらには気象条件が揃えば土星も撮影
することが可能だったので驚きです。

他にソニーのRX100シリーズなんかも人気ですね
高機能高画素でコンパクトに持ち運べるのが
人気の理由のようです。
(その分お値段もかなりしますが、、、。)

新しいジャンル「アクションカメラ」


GoProという名を聞いたことがありますか?
このGoProが人気の火付け役となり、若い
世代に大人気のカメラです。

その人気の特徴が
①超コンパクト
②超広角撮影が可能
③レジャー向けカメラ
④高性能
などがあります。

大きさは名刺よりもコンパクトなのでポケットや
バックに入れていても苦になりません。
さらに超広角の撮影ができるため自撮りでみんな
を入れて撮影できるところがレジャーや旅行で
人気の秘密です。

さらに、動画機能や撮影機能が充実しているため
ほとんどのことがこれ1台できるのでカメラを
欲しい方にはオススメしています。

特に動画で手ぶれ補正の機能がすごくて
手で持って歩いてもほとんど手ブレせず撮影
することができる機能は目から鱗でした。

コンパクトすぎるので年配の方とかは操作や
文字が小さすぎるなどデメリットになるかも
しれませんが手軽さという点ではオススメです。

360°撮れる「全天球カメラ」


VRの普及でここ数年でめざましく発展してきた
カメラです。
なんと言っても360°撮影可能という驚異的な発想
のカメラで撮るだけで楽しいカメラになります。

特に最近は高画素になってきていて動画でも
綺麗な映像を360°残すことができるので旅行には
うってつけのカメラなのではないでしょうか?

私も持っていて友達がイタリアに旅行に行く際
貸してあげましたが、ものすごく良かったと
喜んでいました。

普通のカメラでは素敵な景色や街並みを写真に残
すには構図や撮り方を考えないとその絶景感が伝
わりません。

しかしこのカメラだとそんなんことを考えず
シャッターを押すだけで全風景が撮れるので
写真が苦手な人でもいい写真や動画を残すことが
できます。

スマホで遠隔操作もできるので、いろんな表現の
幅を広げることができます。

これだけでも十分「スマートフォンのカメラ」


今やほとんどの人がスマホを持っているのでは
ないでしょうか。
出かける時は財布とスマホは当たり前の時代です。
いやもはや財布さえも持たずスマホだけという
方も多いのではないでしょうか。

そのスマホのカメラは今や高機能で高画素が主流
です。
さらに、アプリで機能を追加できる点ももはや
別にカメラを持つ利点があるのか疑問に思えて
くるくらいです。

多くの方はこのスマホのカメラだけで事足りる
と思う方も多いのではないでしょうか。

正直私もそう思います。

シャッターチャンスというは不意に訪れるもので
それにいかに早く反応して撮影できるかがカメラ
の最大の利点のような気がします。

今やトイレやお風呂にもスマホを持ち歩く時代で
す。これ以上の携帯性に優れたカメラが今まで
あったでしょうか?

動画も4K撮影は当たり前、電話やメールもでき
ネット検索から支払いまでもはやこれ一台あれば
ほとんどの生活スタイルを補えます。

しかもコンパクト軽量。

ここまで長々と書いてきましたが、スマホの
カメラの利便性に比べたら他のカメラは勝てない
気がします。

最後に


ここまでいくつかのカメラの種類に触れてきまし
たが他にも様々なジャンルのカメラが存在します。
何ができ、何ができないかを理解することで自分
が撮りたい写真を撮れるカメラを選ぶことが
できます。

カメラは高額な買い物ですので、なるべく間違い
を無くしたいですよね。

ただなんとなく「いいカメラは綺麗に撮れる」
というわけでもありません。

いいカメラでいい写真を撮るにはそれなりの
知識と経験が必要になってきます。

綺麗に撮るだけならスマホでも十分可能なので
古い機種を使っているなら最新機種に変更して
みてください。
それだけでも、十分効果があります。

まずは
・どんな写真が撮りたいか
・どんな機能が必要か
・それに対する情熱はどのくらいか

そこがあやふやな方はまだスマホのカメラで
十分です。
高額なものが本当に必要かを考えてぜひ趣味
を楽しんでいただけたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク