ダイエットで必要な自己コントロールは人生でも必要だった

シェアする

最近の記事

人はダイエットをしようと考えて決心して行動しまが、いろんな誘惑に抗うことができず挫折を経験したという方はたくさんおられるかと思います。

それはなぜなのでしょうか?

前回の続きで誘惑に負けないための自己コントロールについてのお話です。

前回→挫折しないダイエットのたのに自己コントロールを身につけるを公開中

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自己コントロール

自分と自分意外のやる気を育てる法則

前回ではゲーミフィケーションによって、人は辛いことを楽しみに変えるということができるお話をしました。

それは楽しみは人の行動を変えるため、このゲーミフィケーションを自己コントロールに取り入れたり、または教育など子供や仕事において相手のやる気などの向上を図ったりするために用いることで自己だけではなく他人もやる気を育てることができるという法則です。

損失回避の法則(loss aversion)

これは「失う辛さは,得る喜びの倍」という法則を利用する自己コントロール法です。

人の満足度というのは他にどんな可能性があったのかという比較から生まれてきます。

もっといい結果があったはずだと思えばみじめになりますし、もっと悪い方に転がってかもしれないと考えると現状に満足します。

例えば

あなたがどこか旅行に行くとします。

あなたは空港へ向かう途中、出かけるのに手間取ったり忘れ物をした、電車に乗り遅れたなどさまざなな理由で飛行機に乗り遅れました。

その乗り遅れた時間が2時間なら諦めもつくでしょう。

しかしそれが2分だったらどうでしょうか?

あの時こうしていれば、もっと早く家をでていれば忘れ物をしていなければ、電車に乗り遅れなければなど後悔はさまざまで、前日にきちんと用意しておけばなど「たら・れば」の後悔はどんどん過去へさかのぼっていきます。

後悔が心理的に大きなダメージを与え、不快感を与えます。

では逆ではどうでしょうか?

空港に出発2時間前にたどり着いたとします。

そこには特にhappyもunhappyもなくあるのは旅行へのわくわく感くらいでしょうか。

しかしこれが2分前ギリギリで乗れたとしたら?

あの時信号が変わったから、あの時電車に乗り遅れなかったからなど後悔の時のように過去にどんどんさかのぼっていきますが感じるのは幸福感です。

さまざまなことが作用してギリギリ間に合ったラッキーと人は考え、そこに幸福を見いだすのです。

つまり人のしあわせな気持ちはこう成らなくてよかったという感情から生まれるということです。

これをダイエットに置き換えて考えてみると

・あの時あれを食べなかったから痩せられた。

・あの時ダイエットを始めたから痩せられた。  etc.

という考えにたどり着くようにすることが必要です。

さらに人の考えは長期的ではなく短期的なため1ヶ月よりも明日、昨日などをうまく利用して行なうことが自己コントロールに繋がります。

人のやる気を最大化させる方法

自分や社会の望ましくない行動をする人(子供や仕事関係など)への正しい対処法は教育することです。

実はよくありがちなのが君は間違っているからこうしなさいと指導するとなぜかそれに反発して教育では良くない行動につながるなどよく有る話です。

躾とは違うなにか別の動機付けをみつけることが人の行動を促す方法となりうるのです。

そのひとつの方法として前回お話した代替報酬は有効と言えるでしょう。

また、こんな実験があります。

スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルが行なった子供の自己コントロール力を試す実験マシュマロテストです。

子供たちは目の前に出された一個のマシュマロを食べずに我慢できるかというテストです。

その際、子供たちには

「今すぐ食べてもいいが、10分待てばきれいなお姉さんが来て2個くれる。」

と伝えモニタリングしました。

すると

待てずに食べてしまった子もいれば、食べずに待った子もいました。

その後の追跡調査で食べずに待った子供は学業成績も高く、健康的で犯罪歴も少ないという調査結果だったそうです。

ではなぜその子供たちは待つことができたのでしょうか?

1生まれつきの遺伝子?

2神から与えられた能力?

3自分をコントロールする方法を思いついたから?

そう答えは3番の自分をコントロールする方法を思いついたからなのです。

ではその子供たちはどんな行動をとっていたのでしょうか?。

方法はさまざまでしたが子供たちはお尻を上げたり、天井を見たりなどあらゆる手段で自分の気をそらすことで誘惑を退けたのです。

何かを得るために自分の行動を制限することを、子供たちは自分で思いついて実践することができたため人生においても一生もののスキルだったことがその後の能力でもわかります。

ダイエットにおいて我慢するということで素敵なカラダを手に入れるというご褒美をもらえることがこのマシュマロテストと同じところです。

そしてそのダイエットを成功させるためには、如何に自分の気を他に逸らし目的を達成するかがカギとなります。

最後に

最初にもお伝えしましたが人は誘惑にとても弱い生き物です。

しかし、その誘惑を如何に他に背けるかどうやって我慢を楽しみに変えるか今回はそのことについてお話させていただきました。

自己コントロールを身につけることはダイエットはもちろん人生においてもとても有効な手段なためぜひ身につけていただきたいスキルです。

これからの行動をこのブログを読んでいただいて少しでも変わっていただけたのならうれしく思います。

今後もこれらの方法を用いたダイエット方法など、とりあげて行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク