ストレスを感じやすい人のための解消術

シェアする

最近の記事

ストレスに悩む人へ

ストレスと聞くとカラダになんとなく悪いものというイメージをお持ちだと思います。

確かにストレスが起こすカラダの異変は様々で、中には命を奪うものや脳を破壊するものもあります。いわゆるキラーストレスと呼ばれるものです。

しかしストレスは遥か昔、私たちの祖先には生きるために必要なカラダの変化でした。

ではなぜストレスは現代の私たちに悪影響を及ぼすようになったのでしょうか?

ストレスがどんなものか?

私たちのカラダでどんな風に作用しているのか?

その対処法は?

そんな疑問にお答えしていきます。

そもそもストレスって何?

普段の生活でイライラ・ムカムカなどの感情

または、緊張や不安などを感じるなどの総称をストレスと呼んでると思います。

つまりストレスとは外的に受けるマイナスな刺激を感じることを言います。

ではなぜ人はストレスを感じるようになったのでしょうか?

それは人が生きていく上で必要なカラダの変化だったからなのです。

人がストレスを感じる理由

数万年前まだ人が狩猟を行っていた時代にまでさかのぼります。

敵つまり獰猛な動物など天敵だらけだったころの話になります。

人は不安や緊張状態になると血圧や心拍数が上昇します。

これは瞬時に体を動かせるよう全身の血の巡りを良くし、ストレスホルモンが分泌されることで血が固まりやすくなるのも怪我した時、素早く止血しやすくするという天敵から身を守るためのカラダの変化だったのです。

ではなぜこの生きるためのカラダの変化が逆に現代の私たちの天敵になってしまったのでしょうか?

平和がストレスを生み出した?

現代になって獰猛な動物などの天敵から身を守らなくても良くなりました。

しかし、カラダの仕組みはそのままのため貴重や不安、イライラやムカムカなどの感情で体が反応してしまい血圧や心拍の上昇がカラダに蓄積されることで体に悪影響を及ぼすようになりました。怪我から命の危機を救っていたストレスホルモンの分泌による血を固まりやすくする作用も現代では逆に動脈硬化や血栓、動脈瘤など様々な命の危機を生み出す逆効果となってしまったのです。

どうやってストレスは生まれるの?

人はストレスを感じるとまず脳の扁桃体という部分が反応します。

そこから、カラダ全体に電気信号が送られ副腎からストレスホルモンが分泌されることによって心拍数を増やしたり、血液を固まりやすくする作用が生まれます。

さらにストレスホルモンが分泌されることよって自律神経(血管に張り巡らされている神経)が血管を締め付け血圧の上昇などのストレス反応が生まれるのです。

ストレスが命まで奪うの?

ストレス自体には命を奪う作用はありませんが、蓄積されたストレスはカラダの様々な部分で私たちのカラダも心も蝕んでいきます。

例えば

過度なストレスによる肥満

心的ストレスによるうつ病や精神崩壊などによる自殺

ストレスの蓄積による免疫細胞の低下による細胞のガン化や細菌の繁殖による突然死など

命をも奪うキラーストレスと言われるものがあります。

これらは一つのストレスではなく複数のストレスが長くかかることで引き起こされるためその対策が現代人には健康を維持するため、はたまたハッピーな人生を送る上でとても重要な課題となってきます。

ストレスの効果的な解消方法ってあるの?

最新の研究でストレスを軽減する方法として推奨されているのが、『運動』です。

え?そんなこと?とお思いでしょうが、これはきちんと実験結果に乗っとった論理的な方法なのです。

運動が及ぼすストレスへの効果とは?

運動をすると脳の扁桃体と自律神経の間にある延髄と呼ばれるところが活性します。

すると扁桃体から送られるストレスを感じた電気信号が自律神経に行く前に延髄で緩和されてから自律神経に届くためストレスホルモンが分泌されにくくなるのです。

つまり扁桃体から自律神経の間にある延髄がフィルターになっていて運動することでそのフィルターがストレスの電気信号を弱める役割をしてくれるためストレスがかかりにくくなるのです。

運動って何すればいいの?

簡単な運動で十分です。

30分程度のウォーキングやジョギングなど軽く汗ばむくらいの運動で効果を発揮します。

ただ重要なのは続けることです。

一回やればいいというものではなく続けることで延髄のフィルターが伝えにくくするようになるのですぐに効果が出るというものでもありませんので習慣化することがストレス対策に適しています。今すぐにでもできる対策などで実践してみてはいかがでしょうか?

さらにダイエット効果や脳の活性化など運度は様々なプラスの効果をあたえてくれる万能な方法です。

試す価値はありますのでこの機会にぜひ頑張ってみてはいかがでしょうか?

運動以外の他の方法はないの?

もちろんあります。

コーピングと呼ばれるストレス解消法

アップル社のジョブズやテニスのジョコビッチなど名だたる人物が行っていたマインドフルネスという方法などもありますので今後この方法や効果を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク