カメラレンズのお手入れに必要なブロアーの商品レビュー

シェアする

最近の記事

こんにちは

当ブログを見にきていただいてありがとうございます。

みなさんカメラランズのお手入れはどうしてますか?

私は結構面倒くさがりな性格で、カメラを使用する前日にメンテナンスや手入れをして状態を確認しています。

(あまりに使用環境が良くないときはすぐ清掃しますが)

以前使用していたブロアーが風量は良かったのですが、使用感があまり良くなく買え替えることにしたところ使いやすくいい商品だったのでみなさんにもご紹介したいと思います。

ブロアーとは?

カメラのレンズなどについたホコリなどを空気で吹き飛ばすメンテナンス道具になります。

他にもパソコンのキーボードや様々なシーンでもホコリを吹き飛ばすのに使えます。

私が現在使用しているのがこちらです。

HAKUBA メンテナンス用品 シリコンブロアー ソフトショートノズル ブラック KMC-80BK

新品価格
¥727から
(2019/8/21 10:08時点)

コンパクトでありながら結構な風量でホコリを吹き飛ばしてくれます。

さらに自立もでき、なんといって先端がシリコンでできているところが気に入っています。

以前使っていたものはプラスチックだったのですが、なんとブロアーでシュポシュポと清掃していると空気圧で先端が飛んでレンズに突撃してしまったのです。

レンズにはフィルターをしていて本体は無事だったのですが、フィルターには小さな傷が、、、。

(あの勢いはフィルターを割りそうなほどの衝撃でした。おもわず「あっ!!」っと叫ぶほどの、、、。)

それからは、先端が柔らかいものがいいと思いこのブロアーにたどり着いたのです。

良かった点

・なんといっても先端部分がシリコンでできている。

・大きすぎずも小さすぎず。

・本体は適度な硬さで空気を送り出す

・自立するので立てかけて置ける

・コンパクトな割りに風量は十分(ここが一番重要)

・安い

悪かった点

・ゴムなので本体にホコリがくっつきやすい

・吹き出し口までが少し短いので、風が少し広がって出るため風量が弱く感じることがある。

最後に

だいたいブロアーの本体はゴムでできているものばかりなので、使用感として悪い点では他と共通なのですが、先端がプラスチックの方が一点に集中した風が出ているような気もしました。

(商品によっても違うとは思いますので個人の見解です。)

しかし、本来レンズを綺麗にする役割のブロアーがレンズを破壊するような危険性があることを考えればリスクを最小限に抑えるよう先端はプラスチックではなくシリコンの方がいいような気がします。

風量は個体差もありますし、私自身このブロアーを使っていて特に大きな不便を感じたりもしないので現状は満足しています。

私のブログを読んでプラスチックのブロアーからシリコンのブロアーに変えようかなとお思いの方は良かったらこのブロアーを使ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク