写真の表現の幅を広げる激安おすすめ「NDフィルター」商品レビュー

シェアする

最近の記事

こんにちは

いつも当ブログを見にきていただいてありがとうございます。

さて今回はおすすめでしかも激安のNDフィルターについてになります。

NDフィルターって使ったことありますか?

滝の水や渓流の水を糸みたいに写すときや昼間のポートレートでも使用することのあるNDフィルター。

別に必要ないかな、、、。

ちょっと待ってください。

使ってみると意外に使用頻度あるなと思っています。

これを機会に使ってみてはいかがですか?

意外に安く手に入れることができるので、お試しに使ってみることをおすすめします。写真の表現の幅が広がりますよ。

NDフィルターとは?

ニュートラル・デンシティーフィルターの略で中立な濃度のフィルターという意味らしのですがなんのことやらですね。

つまりは目に見える光を均等に発色に影響を与えることなく光量のみを少なくすするフィルターということです。

NDフィルターには番号が振られていて、その数字の大きさで減光量がわかります。

例えばND2なら光量が2分の1、ND4なら4分の1といった具合で光量を調節することができます。

そんなのシャッタースピードやF値をいじればいいじゃないの?

と思うかもしれませんが、撮りたいシャッタースピードやF値がありその値をいじりたくない時にNDフィルターが約に立つのです。

では、どんな場面があるのか例を挙げ得て行きますね。

滝や渓流の水を糸のように写したい時

まずは、F値ですが、風景を解像よく撮りたい時は大体F値を8〜12くらいに(カメラや状況または好みによります)合わせます。

これである程度減光できます。

水の流れを糸のように写したい時はシャッタースピードを遅くする必要があります。

大体シャッタースピード2分の1〜1秒程度だと水が滑らかに写るようになります。

あとは好みによってシャッタースピードを遅くしてみてください。

しかし、シャッタースピードを遅くするということは光を多く取り込んでしまうので露出オーバーになってしまいます。

そこで登場するのがNDフィルターなのです。

上記の設定で適正露出まで減光できるNDフィルターを使うことで、水の流れを糸のように撮影することができます。

余談ですが、持っているフィルターの減光量に合わせてシャッタースピードやF値を変える方法もあるので好みの減光値のNDフィルターを持っていると撮りやすいと思います。

ポートレートで使うNDフィルター

ポートレートでNDフィルターなんか使わないよという方もいるでしょうが

例えば

F1.4やF1.8などのレンズで開放で撮影したい

さらに、日差しが強い・めちゃめちゃ明るい場所などで

カメラのシャッタースピードを上げても露出オーバーになってしまうなどがあるかと思います。

そんなときNDフィルターを使えばその悩みは一気に解決します。

また、シャッタースピード遅くして波打ち際で撮影したり、街中で被写体だけ止めて街を歩く人をブレさせるなど写真の表現を広げる意味でもNDフィルターは必須のアイテムとなります。

おすすめNDフィルター

NDフィルターは有名メーカー品を買おうと思うとかなり高いです。

ちょっとやってみたいのにうん万円のものは買えないという方

NDフィルターを試しに使ってみたいという方には私もおすすめしません。

しかも、自分に必要な減光値がわかってないのに買うのもおすすめしません。

まずは、撮ってみてどんな写真が撮れるのか、それが自分の撮影スタイルに必要なのか、はたまたどの減光値が自分にあっているのか

それを知る意味でも、買いやすいものを購入した方がいいと思います。

もちろん高いものはそれなりに写りにも影響しますし、安いものには著しく写真に影響を及ぼしマイナスになるということもありますので、なるべく安くても品質がいいものを選びたいと思います。

そこでおすすめなのが

NEEWERのNDフィルターキットです。

Neewer 77MM NDフィルターキット(ND2 ND4 ND8) クリーニングクロース CANON EF 24-105mm f/4 L IS USMズームレンズ・NIKON 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR II AF-Sズームレンズに対応

新品価格
¥1,499から
(2019/8/23 11:10時点)

なんとこれND2・ND4・ND8の三点セットにクリーニングクロス、さらには専用ケースまでついて1500円です。

これは最初に見たとき衝撃的な値段でした。

(私はレンズ口径77mmのものを購入しましたので、レンズ口径が小さいものはもっと安いです。)

品質についても許容範囲で全く使い物にならないというレベルではありませんでした。

お試しや練習用には十分なものです。

試しに私が撮った写真がこちらです。

山奥深く緑を濃く滝を線にすることでダイナミックな自然を表現しました。

使用感などをまとめましたのでご覧ください。

良かった点

・とにかく安い

・3種類のNDフィルターが試せる。

・専用のケースがあるので持ち運びしやすい

・重ね付けすれば減光パターンが増える。

・壊れてもショックが小さい

・練習にはもってこい

・主要な減光量のセット

・最低限の品質は保っている

悪かった点

・良くも悪くも安い製品

・重ね付けでは解像度が著しく落ちる

・色むらが多少ある

・若干色味が変わる

最後に

いかがでしたか価格が安いのでお試しという点ではおすすめです。

本格的に使いたいという方は他の製品をおすすめしますが

まずは自分にあった減光量と使用感を見つけるという意味でもこの製品はおすすめです。

NDフィルターを使ったことがない、または使ってみたかったという方にはとてもおすすめな商品ですのでぜひNDフィルターで撮影を楽しんでみたはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク