カメラの保管に安価で手軽おすすめ防湿庫の商品レビュー

シェアする

最近の記事

こんばんわ

いつも当ブログを見にきていただいてありがとうございます。

カメラを保管する時にあなたはどうしていますか?

バッグに入れっぱなしやその辺い置きっ放しなんて人も多いのではないでしょうか。

もし、何日か使わないのであればなるべく防湿庫といった湿度を調整保つことができるものをおすすめします。

そんなの高いし、邪魔になるから面倒臭いというあなたにおすすめしたい安価で手軽な、しかもコンパクト!そんな防湿庫のご紹介です。

防湿庫とは?必要?

そもそも防湿庫とは何かというと密閉された湿度を一定に保つ棚と言ったところでしょうか。

なぜその防湿庫が必要なのかというと

カメラやレンズなどの撮影機材は実は高湿度でカビが生えてしまいます。

え?カビ?と驚く方もいますが、日本では意外に一年中湿度が高いため特にこのカビが生えやすい状況だと言えます。

特に梅雨や秋雨前線時、さらには冬の加湿器など湿度が高くなる時期が目白押しです。

そんな湿気によるカビからレンズやカメラを守るうえで防湿庫は必要なのです。

昔カメラ初心者だった頃、私もカメラをクローゼットに入れていて出してみるとカビ臭く写りに影響していたこがあり、この防湿庫の大切さを実感しました。

カメラやレンズはカビが生えるとその除去にかなり高額な修理代が必要になります。

修理代で防湿庫が帰る値段なので、一つ持っていても損はしないと思います。

お出かけから帰ってきてカメラを入れたバッグごと、押入れに入れたりしないで面倒でもバッグから出して防湿庫で保管するのがおすすめの保管方法ですね。

手軽なドライボックスがおすすめ

かと言って大きな金庫みたいな防湿庫は場所もとるし値段もそこそこするのでという方には、お手軽な価格でコンパクトに収納できる「ドライボックス」というのがおすすめです。

ドライボックスというのはちょっと大きめのタッパみたいなもので、完全密封できるように蓋のフチ周りにゴムがついています。

簡易なロックがあり、開け閉めする際に湿気が中に入るため乾燥剤を蓋にセットできるタイプが主流です。

乾燥剤も物によりますがだいたい三ヶ月を目安に交換し、だいたい3個セットで300円くらいで購入可能です。

交換時期には乾燥剤がパンパンに膨らむので1ヶ月に一回くらいのペースで確認してみてください。

私もドライボックスを一つ持っていて何日か旅行に車で行く時などはドライボックスごと持って言っています。

そのまま荷物を持っていくことができて、しかも宿泊先でちゃんと保管もできる。

一石二鳥です。

ミラーレスのカメラとレンズ1、2本くらいなら十分入ります。

小さいもので1500円程度、大きいものでも3000円くらいのものがあります。

湿度計など中に入れて管理すると、なおいいのでおすすめです。

(湿度計付きの防湿庫もありますが100均の湿度計でも十分です。)

メーカーでは老舗のハクバを私は使用しています。遮光もできるタイプなので車に入れてても安心です。(車内の高温には気をつけてください)

容量もいくつかあってたくさん入れたい場合は大きめのものを

(私は少し機材が多めなので大きめなものを使用しています。)

小さめなものを買って機材が増えると買い足すと言った形でも十分だと思います。おすすめの私が使用してるものと同じものを2点ほど上げておきます。

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39

新品価格
¥1,023から
(2019/8/26 13:59時点)

HAKUBA ドライボックスNEO 9.5L スモーク KMC-40

新品価格
¥1,482から
(2019/8/26 14:06時点)

良かった点

・価格が安い

・収納に場所を取らない

・持ち運びができる

・カメラ機材にカビが生えるのを防げる

・旅先でも防湿で保管できる

・機材別に収納ができる

・機材の量によって買い増しができる。

悪かった点

・乾燥剤を取り替える手間がある

・たくさんの機材は入らない

最後に

どうですか?

防湿庫の必要性をわかってもらえたでしょうか?

この価格なら手軽に手に入れることができますし、かさばらないので管理しやすいかと思います。

大きさは自分が持っているカメラで決めるといいかと思います。

5.5Lならカメラが趣味でミラーレスとレンズを1、2本持っているという方なら十分入ります。

他にもカメラやレンズを持っているという方は管理をカメラごとに分けると、管理がわかりやすいのでおすすめです。

(少し手間がかかりますが)

乾燥剤も2、3ヶ月持つというのも手頃なところの一つですね。

なにせ私自身結構な面倒臭がりなので、なるべく手間になることは避けたいというグウタラなので(笑)

カメラをお持ちの方はぜひ取り寄せてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク