ソニーのα6600という選択肢はあり?なし?あなたは買いますか?

シェアする

最近の記事

こんばんは

いつも当ブログを見に来ていただき
ありがとうございます。

さて8月29日に
SONYの新しいミラーレス一眼カメラ


α6600」と「α6100」が発表されました。


正直α6400が出た時買おうか悩みました。
現在NIKONの一眼レフカメラ「D750」を
使用していて、α7Ⅲに惹かれています。


しかし、ボディとレンズを揃えれば
何十万円とします。


しかし、今SONYのNEX5Tという
ミラーレス機を所有していてレンズ資産
を考えるとα6400という選択肢もありだな
と思っていました。


しかし、手ぶれ補正がないことが気になって
いて動画もジンバルで撮ったりしたいことを
考えるとボティ内手ブレ補正が欲しい
そんな葛藤の中α6600が発表されました。


なぜSONYのミラーレスがいい?

SONYから発表された「α6600」「α6100」は
先に発売された「α6400」ミラーレス機の
進化版と廉価版といった位置付けになるかと
思います。


「α6400」はリアルタイム瞳AF(オートフォーカス)
といってシャッターボタンを半押しすると
常に手前の瞳にフォーカスを合わせてくれる
というすごく便利な機能を備えています。


写真で人物を撮る時、基本として手前の瞳に
ピントが合うように撮影します。
通常ピントを合わせてから構図を作るので
以前のミラーレスや一眼レフでは技術の
いることでしたが、カメラが自動で手前の
瞳にピントを合わせてくれるので瞳AFが
備わってから初心者でも簡単に人物を
撮れるようになりました。


さらに価格が安価なことから、
初心者からプロまで使える優れた
ミラーレス機とも言われています。

また180度モニターの向きを変えれることから
自撮りがしやすくリアルタイムトラッキングという
動画撮影時一度ピントを合わせたものの前を何かが
横切ってもピントを合わせ続けるという機能は
Youtuberの間では発売後から注目が集まっていました。


正直私もこの点の機能で買おうか迷っていました。
しかし、ボディ内手ブレ補正がないことが
心のどこかで引っかかっていたので買うまでには
至りませんでした。

ボディ内手ブレ補正とは?

ミラーレス機から備え付けられるようになった
このボディ内手ぶれ補正は、通常レンズに
手ぶれ補正機能がついている高価なレンズを
購入しなければいけなかったのをボディに付ける
ことでどのレンズでも手ぶれ補正ができるといった
ものです。

手ぶれ補正とはその名の通り、手で持って撮影するため
固定していないので、手の震えで撮影した時に起きる
ブレを軽減する機能です。


特に暗くなる時間帯にシャッタースピードを遅くして
撮影しなくてはいけない時に手ブレしやすくなるのを
軽減してくれるので、撮影の幅も広がり特に初心者
は手ブレを起こしやすいため、備わっていて損はない
機能です。


詳しい補正数値まではここでは触れないようにしましょう。

余談として、動画撮影時は手ぶれ補正の範疇を超える
手ブレには手ブレ補正はほとんど意味がなく
わずかなブレに対して効きやすくなるので全くブレない
というものではありません。

写真でも同様で、全く手ブレが起きないというわけでは
ありません。


α6600という選択肢

α6600がα6400に優っているところを上げていきます。

・ボディ内手ぶれ補正がついている。

・動画でもリアルタイム瞳AFが使える

・Zバッテリーが採用されている
(α6400の約2倍の容量)

・ヘッドフォン端子がついた(特にいらない)


の4点がα6600に有ってα6400に無い機能です。

個人的にはヘッドフォン端子以外ほしい機能ではあります。
バッテリー容量が2倍近く増えたのは素晴らしいですよね
1本でも十分スナップなら一日撮り歩ける容量のような
感じです。


金額に折り合いがつけば断然こちらを購入したい
ところではあります。


ちなみに初心者の方ならα6400でも十分でこの
α6600ほどの高機能は必要ないかもしれません。
また、α6100はピクチャファイルでlog撮影できない
(動画編集で映像加工する領域を広げる機能)
のとモニター解像度が少し劣るくらいなので
あまり初心者には関係ない機能かもしれません。


価格が安価になるα6100でも十分写真や動画の
機能が備わっているので、旅のお供や
ちょっとした趣味にはオススメの機種になります。


カメラを本格的に勉強して始めたい方は
瞳AFとかがついてない機種がいいですけどね。
まあ機能をOFFにすればいい話ではありますが。


最後に

まだ価格が発表されていませんのでなんとも言えませんが
今のところ買いたい気持ちでいっぱいです。
ただ、価格によりますが、、、。


今α6400がボディのみで90000円ほどになっていて
ポイントやNEX5Tを下取りに出すことを考えると
70000円ほどで買えるので増税前の今かな、とも
思っています。

あくまで写真ではスナップ用として
動画も撮りたいというところなので
ジンバルを買えば、ほぼ事足りるところでは
あります。


α6600とα6100の登場でα6400が中途半端な位置付けに
なってしまったので、価格が落ちないかなと思っています。


発売時期が

α6600 が 11月1日
α6100 が 10月25日


となっていて増税後の発売なのでもどかしい気持ちでは
あります。
増税前にα6400を買うか、、、。
皆さんはどうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク