変わりたいと思ってる人はこのブログを読んでください!

シェアする

最近の記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変わることが怖い人へ

変わることが怖い人にぜひ見ていただきたいブログです。

このブログから何か感じていただけたら幸いです。

誰でも変わることは面倒

現状から何か変わる時 怖い・面倒・今のままが楽という感情から人は逃げてしまいがちになります。

確かに今までと違うことをすると、それに対応しなくてはいけないため

新たな知識や経験を積まなくてはいけないので大変面倒に感じます。

現状がベストならば無理に変える必要はありません。

しかし不満や不信を抱きながらも変えたくない、もしくは変えれない変わらない

というのは誰にでも見に覚えがあるかと思います。

なぜ人は現状を維持したいのか?

大抵の人がこの質問に対して心に浮かぶ答えは「面倒」だからです。

例えば体重を気にしているけど痩せられないなんていうのは良くある話です。

実際には痩せられないのではなく痩せたくないのです。

それはなぜか?

痩せるためには運動や食生活の改善が必要になります。

それはダラダラした生活や暴飲暴食の現状を変えなければいけない。

つまり『面倒』なのです。

確かに食べても太りにくい人や運動しなくても痩せているという体質もありますが、

大抵の痩せている人は『面倒』コントロールしているためです。

現状がベストを維持する

最初にも書きましたが、現状がベストならばわざわざ変える必要はありません。

もし現状がベストの体型ならばそれを現状維持する。

つまり変える必要がないということです。

しかしこれは『面倒』をコントロールすることを維持しているのであって

『今のままでいい』『今のままがいい』は全く異なった感情なのです。

簡単に感情を例えると、

前者がネガティブ思考なのに対し後者はポジティブ思考なのです。

あなたは今どちらの感情で現状維持していますか?

現状維持は「今のままでいい」ではない!

明石家さんまさんがとあるテレビ番組でこんなことを言っていました。

『現状維持は今のまま何もしないことではない。

人生はエスカレーター見たいなもので何もせえへんかったら下がっていくだけやから同じスピードで登っていかな現状をキープすることはできひん。

登ってきた道が急ならその分下がるスピードも早いからキープするならそれなりのスピードで上がらな現状維持できひんよ』

この言葉には正直ハッさせられましたね。

現状維持の本質をわかりやすく教えてくれました。

最後に

今回ダイエットを例に書きましたが、人生・仕事・恋愛などにも当てはまる大切なお話です。

・不満はあるが人間関係や仕事の環境を変えたくない。

・どうせ言っても変わらない。

・面倒なことからは極力避けて楽しく生きたい。

それで幸せなら別に変える必要はありません。

あなたにとってのベストは人それぞれなのですから、

今のままがいいなら今のままでいいと思います。

しかし、今に不満を持ったまま変えないでいて幸せですか?

楽(らく)ではあるかもしれませんが楽(たのしく)はないと思います。

変わることを怖がらずに少しだけでいいので軌道を変えて見ませんか?

そのわずかにかかった力は今はまだ少しの軌道しか変わらないかもしれませんが、

月日が経てば大きな変化となります。

『バタフライエフェクト』

蝶の羽ばたきが巡り巡って地球の裏側でハリケーンを起こしているかもしれない。

仏教では『因縁生起』ともいいます。

縁起の語源でもあります。

変わりたいと思うことがまず第一歩なのです。

そんなあなたの背中が押せたら私も幸せです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク