季節で景色が変わる『秋月城跡』-春-秋-

シェアする

最近の記事

あけましておめでとうございます。今年は暖冬と言いながらも寒い日が続きますね。今回は秋の季節に紅葉でカラフルに染まり、春は桜で一面ピンク色に染まる秋月城跡のご紹介です。

 

秋月城とは?

 

中世・戦国時代の秋月氏の館跡を利用して気づかれた秋月城は秋月藩の藩庁だったそうです。明治時代に廃城になり黒田長興(くろだ ながおき)を祀った垂裕神社(すいようじんじゃ)が建てられたそうです。神社には黒門と呼ばれる旧大手門が神門として移築され名所の一つとなっています。春は秋月城までの長い一本道の両脇には桜の木がびっしり立ち並び、一面ピンク色の桜のトンネルが見どころになっています。また、秋は紅葉が赤や黄色や緑に色づきカラフルで情緒ある雰囲気を感じることが出来ます。

 

交通アクセス

 

住所は福岡県朝倉市秋月野鳥となっています。 車で甘木ICから国道322号経由で20分ほどとなっています。 シーズン中は交通渋滞が予想されるので早朝だと車や駐車場が空いているのでおすすめです。 一部狭い道などがありますので、運転には十分注意が必要です。駐車場はたくさんありますのが料金が多少停める場所で料金は変わりますが、300円から500円ほどです。

 

秋の秋月城跡

 

筑前の小京都とも呼ばれている秋月城の城下町は11月下旬から12月上旬にかけて、垂裕神社の黒門周辺にあるたくさんの紅葉が見頃を迎え赤や黄色、緑など様々な色彩が入り混ざった美しい景色を作ります。黒門と紅葉のコラボレーションはまさに「和」のテイストが詰まった情緒ある風景を楽しむことが出来ます。

私が撮影した秋月城跡の紅葉を貼って起きますので、参考までにどうぞ楽しんでください


春の秋月城跡

 

秋月城跡への登城道だったところに桜並木道として、春には満開の桜トンネルの道を歩くことが出来ます。インスタ映えする人気のスポットでたくさんの人が春には訪れます。例年見頃は3月下旬から4月上旬ごろで人気度は福岡県内でも2と言われているそうです。私が訪れた時は満開の桜で朝一に行くとほとんど人もいなくて桜のトンネルを独り占めでき、写真も取り放題なのでオススメですよ!

春に訪れた際の写真をご紹介いたしますのでご参考までにご覧ください

  

最後に

 

いかがでしたでしょうか?写真だけでは伝わりきれない絶景が福岡県の秋月にはあります。福岡旅行もしくは福岡周辺にお住いの方でまだ秋月城跡に行ったことない方はオススメですよ!情緒溢れる日本家屋の並ぶ町並みやお店、それを彩る一面のピンク色の桜や色鮮やかな紅葉。日本の四季を感じに訪れて見てはいかがでしょうか?そのには日常では味わえない光景が心を癒してくれること間違いなしです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク